【新車】5,733,720円で「ジープ・ラングラー アンリミテッド・サハラ 2.0L」を新設定

11年ぶりのフルモデルチェンジで注目度が高まっているジープ・ラングラー。

4ドアの上級グレードである「Unlimited Sahara(アンリミテッド・サハラ)3.6L」が完売したことで、新たに新世代2.0Lエンジンが搭載された「Unlimited Sahara 2.0L(アンリミテッド・サハラ 2.0L)」が導入されます。2019年3月20日から受注を開始、納車開始は2019年夏以降の予定とされています。

2018年10月に日本国内で発表された新型ラングラーは、歴代モデルから連綿と受け継いできた卓越したオフロード性能をさらに強化し、現代のSUVモデルに求められる実用性や快適性、質感といった面でも大幅な進化を遂げています。また、新世代2.0Lターボエンジンを搭載した「アンリミテッド・サハラ 2.0L」では、11.5km/Lというカタログ燃費も特徴です。

「アンリミテッド・サハラ 2.0L」が搭載する2.0Lの直列4気筒ターボエンジンは、ツインスクロール式ターボチャージャーを搭載し、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮。スペックは最高出力272ps・最大トルク400Nmで、レギュラーガソリンを指定。

装備は、LEDヘッドライトや8.4インチタッチパネル付オーディオナビゲーション、地上デジタルテレビチューナー、サブウーファー、レザーシート(フロントシートヒーター付)といった充実したアメニティ装備のほか、死角にある併走車両の存在を知らせるブラインドスポットモニターや、車両周辺の障害物の確認を支援する「ParkSenseフロント・リヤパークアシスト」などが標準装備されています。「アンリミテッド・サハラ 2.0L」の価格は5,733,720円です。

(塚田勝弘)

『ジープ』の最新記事
ジープ ラングラー アンリミテッド
2020年モデルのジープ・ラングラー・アンリミテッド(2.0L)はマイルドハイブリッド化される!?
ジープ コンパス
ジープ・コンパスに1.3Lガソリンエンジンモデルのほか、プラグインハイブリッドの「4xe」も加わる
ジープ
ジープ・ラングラー・アンリミテッドに電動開閉式サンルーフ仕様が限定登場【新車】
ジープ レネゲード ナイトイーグル
若いユーザーに人気のジープ・レネゲードに、上質な内外装・充実装備を備えた限定車を設定【新車】
ジープ・コンパスに200台限定車の「ナイトイーグル」を設定【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事