【新車】キリッとイケメンになったホンダ・シャトルのマイナーチェンジモデルは2019年5月10日に登場

2019年3月21日、ホンダは2019年5月10日にマイナーチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴンの「SHUTTLE(シャトル)」に関する情報を先行公開しました。

日産・ウイングロードが2018年3月に販売を終了し、トヨタ・カローラフィールダーとホンダ・シャトルが5ナンバーワゴンモデルの市場を守っています。写真を見る限り、今回のマイナーチェンジでホンダ・シャトルがキリッとした表情になっているのが印象的。内装のデザインや質感も向上し、洗練された雰囲気に変身しています。

シャトルは、先述したように、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトボディと、同社独自のセンタータンクレイアウトが実現した多彩なシートアレンジ、広いキャビンが特徴。

レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな荷室空間が出現。今回のマイナーモデルチェンジでは、洗練された上質感を追求して内・外装デザインが刷新され、従来の商用車ムードが一掃されています。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

■ホンダ・シャトル ティザーサイト

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/new/

『ホンダ』の最新記事

ホンダ・ヴェゼルが2019年上半期のSUV販売台数ナンバー1に。C-HR、新型RAV4も人気を集める
圧倒的な強さを見せるホンダ・N-BOX。新型ダイハツ・タントはどこまで迫れるのか?
ホンダF1が13年ぶり勝利! F1日本グランプリへの期待も高まる!?
ホンダの250馬力船外機「BF250」、タイヤや燃料タンク無しで価格241万円は高い?安い?
ボディカラーは何を選ぶ?多彩なモノトーン、2トーンが揃う【新型ホンダN-WGN先行公開】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事