鈴鹿サーキットに立体オフロードコース!? 親子で楽しめる4つのバイクアトラクションがオープン

●鈴鹿サーキットに4つの新バイクアトラクションが登場!

モビリティのテーマパーク・鈴鹿サーキットで2003年から愛され続けている子供向けアトラクションのピンキーバイクとキッズバイク。

この春、「より幅広い年齢の子供達に操る喜び、乗りこなした時の達成感、そしてバイクを通してモビリティの楽しさを知ってほしい」という想いが込められ、ピンキーバイクとキッズバイクがバージョンアップ! さらに2つの新バイクアトラクションがグランドオープンします。

●なりきりツーリング「ピンキーバイクプラス」

3歳から楽しめるピンキーバイクプラスは安定感のある3輪マシンでバイク特有のアクセル、ブレーキを体感し、初めて運転するワクワク感やドキドキ感を味わうことができるのですが、最大の特徴が「なりきり」。

郵便屋さん、警察官、ピザ屋さん、牛乳屋さん、お花屋さんの5つの職業をテーマにデザインされたバイクに乗車し、専用のコスチューム(帽子)を着てツーリングを楽しむことができるのです!

 

お気に入りの職業になりきりながらポップな街並みを走る姿は、何枚も写真を撮りたくなる可愛さ。将来母親になったら、絶対に我が子を連れてこようと心に誓ったほどです。

待機列にはハンドルが設置されており、走行前に一緒に練習できるのも嬉しいポイント☆

そうそう、このピンキーバイクのナンバープレートには思わずくすりと笑ってしまう面白い秘密が隠されているんですよ。

「お4510」……これが何を意味しているか分かりますか? 気になる方は鈴鹿サーキットで確認してみてくださいね!

●初めてのバイクチャレンジ「キッズバイクトレーニング」

「もう少し本格的なバイクにチャレンジしたい!」というお子様におススメなのが、上手にバイクを乗りこなす練習ができる環境に生まれ変わったキッズバイクトレーニング。

3歳~小学生までの補助輪なしで自転車に乗れる子供が対象で、16kgと非常に軽い独自開発されたバイクで安心して乗ることができます。

ヘルメット、プロテクター、グローブを装着して準備完了! 本コース走行前に、練習専用コースでスタッフがマンツーマンで操作方法やドライビングのコツを教えてくれます。

ここで合格を貰ったら、本コースへ出発です。

衝撃を吸収するウレタンバリアで囲まれたコースは、地面にゴムチップを使用しているため転んでも痛くありません。これなら見ているほうも一安心ですよね。

はじめはみんな緊張していましたが、周回を重ねる度に笑顔になっていく姿が印象的でした。

『モータースポーツ』の最新記事

トラストがeスポーツに参入! 2020年に「eGT」シリーズ(仮称)を立ち上げ
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ
高速性能はダカールラリーに必須! 日野のダカールラリーマシンがバンクを全開走行
日野のダカールラリーマシンが一新。フレームまで設計を変更して万全を尽くす

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事