三菱・ミラージュの次期型は、東京モーターショー2019で発表!?

【フロントフェイスはダイナミックシールドを採用。大幅に変化したエクステリアに期待!?】

三菱自動車のコンパクトハッチバック「ミラージュ」の次期型が、2019年の東京モーターショーで初公開される可能性が高いことがわかりました。

ミラージュは、2000年に販売が終了されましたが、2012年に復活。1978年に登場以来、40年の歴史を持つ、同ブランドを代表するモデルとなっています。

昨年7月に制作した予想CGで描かれた「ランエボ」風リアウィングは定かではないものの、釣り上がったヘッドライトやダイナミックシールドを採用したフロントエンドは最新情報でも予想されています。次期型では日産とルノーが共同開発した「CMF B」プラットフォームを採用し、「ジューク」次期型と共有すると見られています。

パワートレインは、最高出力95psを発揮する0.9リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、1.2リットル直列3気筒ターボエンジン、1.5リットル直列4気筒ディーゼルターボエンジンなどのラインアップが予想されていますが、EVモデルの追加は可能性は低いかもしれません。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?