スバリストが富士スピードウェイに集結。初開催の「STI MOTORSPORT DAY」は大盛況!

【スバリストたちが集う濃密な時間。初の「STI MOTORSPORT DAY」が開催】

2018年に30周年を迎えたSTI。「オーナー、ファンとの濃密な時間を過ごし、フェイス・トゥ・フェイスで密度の濃い話をしたい」という想いから、初の「STI MOTORSPORT DAY」が2019年3月10日(日)に富士スピードウェイで開催されました。

筆者も富士スピードウェイに向かう途中の東名高速道路でいつになく多くのSTI、SUBARU各モデルに遭遇し、同イベントへの期待感はスタート前の富士スピードウェイへの車列でも確認できました。

初開催ということで、駐車場への案内(車列ができていた)や同行走行の抽選の行列など、課題もあったそうですが、今後も2回、3回と開催されればスムーズに運営されるはずでしょうし、もっと多くのファンが集うのではないでしょうか。

「STI MOTORSPORT DAY」では、Super GT(BRZ)、ニュルブルクリンク24時間レースの参戦車両(WRX STI)のシェイクダウンのほか、抽選で幸運をつかんだ人が体感できるレーシングモデルの同乗走行、「2019 SUBARUモータースポーツチーム紹介」、SUBARUモータースポーツドライバートークショー 、辰己総監督によるSTI SPIRITトークショー、S209特別展示&開発トークショー、「SUBARU BRZ GT GALS 2019 BREEZE」撮影会などのほか、BBSやレカロなどの物品コーナーも出展されていました。

主な参加者は、STIの平川社長をはじめSuper GT(GT300)の渋谷真総監督、ニュルブルクリンク24時間レースの辰己英治総監督も登場。参加ドライバーは、井口卓人、山内英輝、カルロ・ヴァンダム、ティム・シュリック、新井敏弘、勝田範彦、鎌田卓麻、久保凜太郎、池島実紅の各選手。

トークショーのほか、普段なかなか立ち入ることのできないピットや、歴代のSTIモデル、コンセプトカーなども展示されていて、ファンにはたまらない時間になったはず。最後は、レーシングカー同乗走行で初回の「STI MOTORSPORT DAY」は大盛況のうち終了となりました。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、STI)

『SUBARU』の最新記事
Subaru_Outback_Wilderness
最低地上高240mm超にリフトアップしたスバル・アウトバックが北米で登場。日本デビューに期待できる?
アウトバック・ウィルダネス
スバルの北米専用車「Outback Wilderness(アウトバック・ウィルダネス)」が初公開
SUBARU インプレッサ
スバルの「アイサイト」付モデルを月額39,820円から利用できるサブスクリプションが登場!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事