合計出力は838ps! ランボルギーニ初のハイブリッド・ハイパーカー「UNICO」、9月公開が濃厚

●公開前でも既に完売でプレミア価格高騰中!?

ランボルギーニ初となる市販ハイブリッド・ハイパーカー「IUNICO」が、9月のフランクフルトモーターショーで初公開される可能性が高いことがわかりました。

コードネーム名「LB48H」を持つUNICOは、2017年公開の『Terzo Millenio Concept』(テルッツォ・ミッレニオ・コンセプト)をベースとした同ブランド初のハイブリッドモデルで、形状修復性を持つカーボンファイバーボディを特徴とするハイパーカーです。

心臓部には、6.5リットルV型12気筒NAエンジンを搭載し、最高出力は789ps。さらに電気モーター49psを組み合わせ、合計838psを発揮します。全世界限定63台が発売され、すでに完売だといいます。価格は250万USドル(約2億8千万円)ですが、すでにプレミア価格で500万USドル(約5億5千万円)を超えているという情報も入っています。

またランボルギーニは、UNICOとは別のハイパーカー計画をもっていると伝えられており、アストンマーティン「ヴァルキリー」やマクラーレン「セナ」を標的に、1000ps級のハイブリッド・ハイパーカーとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事