【ミニ誕生60周年】旅をテーマとした特別仕様車「ミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディション」が登場

●「未知なる世界が待つ旅へ」をテーマとした限定300台の特別仕様車

1959年にアレック・イシゴニスの手により生まれた「ミニ」。いわゆるクラシックミニから始まったその歴史は、今年60周年を迎えました。BMWジャパンではそれを記念した限定車の「ミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディション」を限定300台で発売することになりました。

ミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディションは「未知なる世界が待つ旅へ」をテーマとしていて、リアルな旅を通して新しい世界・価値観を広げていくアクティブな人達に向けた限定車という位置づけとなっています。

ミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディションを手がけたのは、“F/CE”というファッションブランドを展開する山根雅史氏。山根氏はシーズンごとに世界各国を訪れて、じかにその国の文化に触れながら旅を行ない、そのインスピレーションをデザインに落とし込むという手法を用いています。

今回のミニ・クロスオーバー・ノーフォーク・エディションのデザインに当たっては、イギリスへ出かけた際に地図を広げたときに感じた道をイメージしたストライプを採用、専用ネームバッジなども装備されます。

ベースとなるのはミニ・クーパーDオール4。価格は495万円です。早期契約の100台限定で、専用ルーフボックスがプレゼントされるという特典もあります。

おもな特別装備内容は以下のとおりです。
・専用ボンネット・ストライプ
・専用ネーム・バッジ(テールゲート、ピラー)
・レザレッ卜・シート・カーボン・ブラック(スポーツ・シート)
・ボディー・カラーブリティッシュ・レーシング・グリーン・メタリック
・18インチアロイ・ホイールピン・スポークブラック
・アディショナルLEDヘッドランプ・セット
・アダプティブLEDヘッドライト/LEDデイライト・リング
・LEDフロン卜・フォグ・ランプ
・ラゲッジ・セバレーション・ネット
・ピクニック・ベンチ
・リアPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)
・リア・ビュー・カメラ

(文/写真・諸星陽一)

『BMWミニ』の最新記事

【新車】日本のジャズの聖地「Blue Note Tokyo」とコラボした「MINI Clubman Blue Note Tokyo Edition」が登場
【新車】MINI生誕60周年を記念した「MINI 60 YEARS EDITION」を3ドア/5ドア仕様に設定
【ミニ・ジョンクーパーワークス・クラブマン試乗】もっとも「ミニらしくないミニ」だが、その性能は高く評価したいモデル
アレック・イシゴニスが1959年に生み出した「ミニ」の誕生60周年を記念した特別モデル【画像ギャラリー】
【ミニ誕生60周年】60周年を記念してさまざまなイベントを予定。新たな特別仕様車にも注目
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事