ネオレトロな個性が際立つ!プジョー・ジャンゴ125の2019年モデル&特別仕様車が登場

ジャンゴ125はクラシカルなデザインと最新機能を両立!

●現存する最古のモーターサイクルブランドのプジョー

プジョーというと四輪メーカーのイメージがありますが、じつは現存する最古のモーターサイクルブランドでもあるのです。

その代表的なモデルが、ジャンゴ125。1950年代に人気を博したプジョー初のスクーター「S55」のイメージを取り入れた125ccスクーターです。

クラシカルでグラマラスなスタイルが目を引きますが、ABSやスマートフォン用電源、LEDテールランプなど最新の機能も備えています。また、125ccクラスとは思えないほど大柄なボディと、座り心地の良い前後セパレートシートのおかげで、タンデムライドを楽々とこなすことも可能です。

そのジャンゴ125の2019年モデルが発表されました。3タイプがラインナップしていますが、機能面は共通なので、自分の好みのカラーリングのモデルを選びましょう。

●ベーシックな雰囲気が好ましい・ジャンゴ125ABS

シリーズで最もシンプルなモデルが「ジャンゴ125ABS」。メーカーによると、「オリジナリティあふれるスタイルとカラーリングで街中の注目を集めます。 自分らしさを大切にする、フランスならではの国民性が生んだ個性的な一台です」とのことです。

・メーカー希望小売価格:375,840円(本体価格:348,000円)

●オシャレ度満点のツートーンカラー・ ジャンゴ 125 エバージョン ABS

クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、 男女を問わず人気のモデルが「ジャンゴ 125 エバージョン ABS」です。 タックロール&ホワイトパイピングを施したシートも特徴です。 2019 年モデルでは、 新色のキャロットオレンジが登場しました。

・メーカー希望小売価格:386,640円(本体価格:358,000円)

●レーシングゼッケンがヤル気にさせる・ジャンゴ 125 スポーツ ABS

「ジャンゴ 125 スポーツ ABS」は、プジョーのレーシングスピリットを表すモデル。 ホワイトのセンターストライプとレーシングゼッケン、 さらにはブラックアウトされたシート&足周りが、 スポーティなイメージを演出します。

・メーカー希望小売価格:386,640円(本体価格:358,000円)

【主要諸元】
全長×全幅×全高(mm):1925×710×1190
軸間距離(mm):1250
シート高(mm):770
車両重量(kg):129
総排気量(cc):124.6
最高出力(ps/rpm):10.2/8500
最大トルク(kgm/rpm):0.9/7000
燃料タンク容量(L):8.5
ブレーキ(前・後):ディスク(ABS)・ディスク

『プジョー』の最新記事

【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
【新型プジョー508試乗】ファストバックスタイルを採用した新型のボディサイズ、デザイン、居住性は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事