【新車】フォルクスワーゲン・ゴルフ「GTIパフォーマンス」が特別仕様車として再登場

●フォルクスワーゲンのGTI攻勢。ゴルフ GTI Performanceが復活!

フォルクスワーゲンが2019年もGTI攻勢を仕掛けてきました。up! GTIの再登場と同日の2019年2月13日、特別仕様車として「Golf GTI Performance」も再登場しました。

Golf GTI Performanceは、2017年10月に500台限定で発売され、スポーツチューンされた足まわり、ハイパフォーマンスなエンジンが高く支持され、こちらも完売となっています。

今回再登場した特別仕様車Golf GTI Performanceも、前回好評だった足まわりやエンジン(15PSアップした245PSの2.0TSI)はそのままに、前回とは異なるデザインの専用19インチアルミホイールを装着し、視覚的に特別なGTIを感じられる仕様になっています。

ベースのゴルフGTIに搭載採用されている6速DSGから7速DSGに変更され、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック、大径ブレーキディスクなどによるスポーティな走りが特徴。

ほかにも、純正インフォテイメントシステムの“Discover Pro”やアダプティブシャシーコントロール“DCC”、デジタルメータークラスター“Active Info Display”を含むテクノロジーパッケージが標準装備されています。

ボディカラーは、特別専用色の「ダークアイアンブルーメタリック」、インテリアにスポーティなファブリック&マイクロフリースの専用シートトリムが用意され、内・外装ともに特別なGTIに仕上げられています。価格は4,659,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
67年前に日本に初上陸したVW Type-1 ビートルと記念撮影できる! カメラ見本市CP+で展示中
【フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Line試乗】エコでパワフルなエンジンを積んだ本命グレード「TSI R-Line」の実力は?
フォルクスワーゲン グループ ジャパンがワーゲンバスを貸し出す「バスカスフェス」プログラムを開始
【フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Line登場】ポロを買うなら「TSI R-Line」!? 遅れてきた「大本命グレード」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事