【新車】フォルクスワーゲン・ゴルフ「GTIパフォーマンス」が特別仕様車として再登場

●フォルクスワーゲンのGTI攻勢。ゴルフ GTI Performanceが復活!

フォルクスワーゲンが2019年もGTI攻勢を仕掛けてきました。up! GTIの再登場と同日の2019年2月13日、特別仕様車として「Golf GTI Performance」も再登場しました。

Golf GTI Performanceは、2017年10月に500台限定で発売され、スポーツチューンされた足まわり、ハイパフォーマンスなエンジンが高く支持され、こちらも完売となっています。

今回再登場した特別仕様車Golf GTI Performanceも、前回好評だった足まわりやエンジン(15PSアップした245PSの2.0TSI)はそのままに、前回とは異なるデザインの専用19インチアルミホイールを装着し、視覚的に特別なGTIを感じられる仕様になっています。

ベースのゴルフGTIに搭載採用されている6速DSGから7速DSGに変更され、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック、大径ブレーキディスクなどによるスポーティな走りが特徴。

ほかにも、純正インフォテイメントシステムの“Discover Pro”やアダプティブシャシーコントロール“DCC”、デジタルメータークラスター“Active Info Display”を含むテクノロジーパッケージが標準装備されています。

ボディカラーは、特別専用色の「ダークアイアンブルーメタリック」、インテリアにスポーティなファブリック&マイクロフリースの専用シートトリムが用意され、内・外装ともに特別なGTIに仕上げられています。価格は4,659,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

【新車】次期VW・ゴルフはマイルドハイブリッド化。そのディテールが見えた!
いよいよ8代目へ。新型・VWゴルフ、最終デザインを公開。9月デビューが濃厚
新しい柱は「ID.3」。「ビートル」「ゴルフ」につづくフォルクスワーゲンの屋台骨となるEVがティザー公開
VW・ティグアン 4MOTION(4WD)の滑りやすい坂道での実力は?【Volkswagen Tech Day 2019】
ワーゲンバスのキッチンカーでもらったバタープレッツェルがうますぎた【モーターファンフェスタ2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事