欧州EV戦争元年。BMW 「iX」ブランド第一弾、クロスオーバーが激戦市場へ

●iX3を皮切りに怒涛のEVラッシュ

BMWのフルEVシリーズ「iX」ブランド第一弾となるクロスオーバーSUV「iX3」のプロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、以前とLEDデイタイムランニングライトが変わっており、まだ市販型ではありません。2018年4月の北京モーターショーで公開された「コンセプトiX3」からインスパイアされたデザインが予想されており、「X3」とは差別化されるキドニーグリル、フロントバンパー、エキゾーストパイプを持たないリアバンパー、ホイールが装着されます。またキャビン内では、iDriveインフォテインメントシステム用のアップデートされたインストルメントクラスタ、及びEV専用ディスプレイが予想されています。

パワートレインは、サムソン製の容量70kWhのリチウムイオンバッテリーパックと最高出力270ps以上の電気モーターを搭載。150kWの急速充電器により約30分でフル充電が完了し、航続距離はWLTPモードで249マイル(400km)と噂されています。

欧州ビッグ3では2019年内にアウディが「e-tron」、メルセデスベンツが「EQC」を発売予定で、EV戦争元年となりそうです。またBMWはすでに「iX3」から「iX9」まで商標登録が完了しており、iX3を皮切りに怒涛のEVラッシュが見られそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事