トヨタ86/スバルBRZの次期型は発売確定!? 直撃取材でメーカーが開発を明言

●次期型の登場は2021年!? ダウンサイジングターボを搭載の模様

トヨタ「86」とスバル「BRZ」の次期型開発が暗礁に乗り上げていると一部メディアが報じていましたが、海外車ニュースサイト「CARSCOOPS」の調べで開発は順調に進められていることがわかりました。

同サイトでは、直接トヨタ・スバルへ確認を取った際、「開発中止の情報を支持することはできない。次期型の開発は進められている」と語った模様です。確実性の高い情報とみられ、スポーツカーファンにとっては朗報と言えそうです。

制作した予想CGでは、左右を繋げたシャープなヘッドライトライトに、両サイドの吸気口は現行の流れを汲んだデザインに2本のフィンを取り入れワイルドさを演出。ボンネットからサイド、リアへとつながるラインは大きく抉り取られたように張り出し感を強調しています。リアフェンダーの筋肉質なラインは新型スープラの要素を取り入れ、Cピラーのライン下部を跳ね上げリアの絞り感を出すことにより、スポーティに仕上げられています。

パワートレインに関して断言はできませんが、1.8リットル水平対向4気筒ダウンサイジングターボを搭載し、220psから240ps程度まで向上される可能性があります。

ワールドプレミアは、2〜3年以内が最有力で、早ければ2021年にもお目見えするかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ライバルモデルを狙い撃ち! BMW最強4ドア「M8グランクーペ」は625馬力を発揮
ドライバーが怒りのミドルフィンガー!? ポルシェ・911スピードスターがフルヌード状態で走行
アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ
MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事