【新車】プジョー3008に2.0Lクリーンディーゼル搭載の「3008 BlueHDi Clean Edition」を設定

●クリーンディーゼルエンジンでも400万円を切る価格設定

プジョーの新世代SUV第1弾として2017年3月に日本デビューを果たしたプジョー3008は、同ブランドの販売を牽引する一台です。2019年2月4日、特別仕様車の「3008 BlueHDi Clean Edition」が発売されました。

同限定車には、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストをはじめ、ブラインドスポットモニター、フルLEDヘッドライト、インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックアイカメラなどを標準装備。

パワートレーンは、177ps/400Nmという分厚いトルクを誇る2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンにEAT8と呼ばれる8ATとの組み合わせで、スムーズかつ力強い加速フィールが魅力です。

クリーンディーゼルエンジン搭載車は、ガソリンエンジン車よりも価格が高めのモデルが多いですが、「3008 BlueHDi Clean Edition」は輸入SUVでありながら399万円という価格設定。

ボディカラーは、「マグネティック・ブルー」「パール・ホワイト」「アルティメット・レッド」「ハリケーン・グレー(ソリッド)」の4色展開となっています。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事