マツダ?スバル?豪雪地帯で謎のクロスオーバー開発車両を目撃

マツダのクロスオーバーSUV「CX-5」を彷彿させるグリルや、スバル「フォレスター」のようなヘッドライトを装着した開発車両をスカンジナビアでカメラが捉えました。

カメラマンからの情報によれば、この車輌はMG「Xモーション コンセプト」の市販型プロトタイプのようです。「Xモーション」は、2018年の北京モーターショーで初公開されたMGブランドのフラッグシップ・クロスオーバーSUVです。

「MG」社は、1910年ごろから小型スポーツカーのメーカーとしてイギリスで立ち上げられました。「MG」は「モーリス・ガレージ」の略称と伝えられています。その後「BMC」や「Austin Rover」を経て、1986年には「Rover」、2000年には「MG Rover」と複雑な変換がされています。日本では1995年の『MG-F』が人気を博していました。そして2009年からは、中国の自動車大手・上海汽車集団(SAIC)の傘下となっています。

目撃したプロトタイプのフロントマスクには、コンセプトモデルと酷似したコーナーエアインテークが見てとれます。ヘッドライトのアウトラインは、偽装のため最終デザインは不明です。リアエンドでは、やはりマツダのクロスオーバーを彷彿させるテールライトが確認できます。楕円形のツインエキゾーストパイプは残されていますが、ディフューザーは外されており、これから最終デザインへ修正されるはずです。

パワートレインは、Roewe(栄威)の大型クロスオーバーSUV「RX8」から流用される2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーを搭載し、最高出力221ps・最大トルク360Nmを発揮。遅れてプラグインハイブリッドの設定も濃厚です。8速ATと組み合わされ、駆動方式はFFながらオプションでAWDが選択可能となります。

2019年内に中国で発売が予定されていますが、英国など海外での販売は未定のようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事