スーパーGTチャンピオンチームをサポートするRAYBRIGブースで、高橋国光総監督の深~い話を聴いてきました!

●貴重なカラーのチャンピオンマシン!

2018年、悲願のスーパーGTチャンピオンに輝いたチームクニミツ。1997年からメインスポンサーを務めるRAYBRIG(スタンレー電気)のブースには、カーナンバー「1」をつけたRAYBRIG NSX-GTが展示されていました!

昨年までのブルーとガラリと印象が変わったカーボンブラックベースのマシンを見て「今年は黒……!?」とびっくりしたのですが、実はこれはテスト用のカラーリングでチャンピオンの証である「1」を付けたマシンをファンにいち早く見せようと、今回特別に展示してくれたのだそうです。

会場で小島一浩監督にお会いしたので今シーズンのカラーリングはどうなるのか聞いてみたところ、「多分今まで通りブルーになるんじゃないかな」とのことでしたよ。楽しみですね!

それにしても、カーナンバー「1」が眩しい! チャンピオンになったんだなぁ、という実感が湧いてきます。

ブース内にはチャンピオン記念パネルや2018年スーパーGT第6戦SUGOの優勝トロフィー、さらに昨シーズンのドキュメント映像も流れており、ファンにはたまらないつくりになっていました。

もちろんRAYBRIGのLEDバルブ、LEDランプなどの販売も行っていましたよ。

『東京オートサロン2019』の最新記事

東京オートサロンならではのコラボが実現。MF GHOST×ワイルド・スピード【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。ホンダアクセス「Well Concept」はベビーフェイスがテーマ
超人気のスズキブースは美女もクルマも主役級!【東京オートサロン2019美女めぐり その7】
名将・星野一義も絶賛 「Mobil 1™シリーズ」にニューモデルが登場(PR)
名車と音楽の趣き深いコラボレーション。超美貌のミュージシャントリオを発見!【東京オートサロン2019美女めぐり その6】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事