【東京オートサロン2019】ホンダブースは話題の新型車展示とモータースポーツ活動計画を発表

東京オートサロン2019のホンダブースでは、2019年1月10日に発表された2018年暦年(1月〜12月)における販売台数が過去最高となる24万1870台を記録し、軽四輪車新車販売台数で4年連続のトップとなったN-BOXをはじめ、日本市場に復活したCR-V、新型ハイブリッド車のインサイトなど注目の新型車の展示と2019年の二輪、四輪のモータースポーツ活動が発表されました。

ホンダはホンダアクセスと無限という2つのワークスブランドをもつ自動車メーカーです。英文字の“X”をモチーフとするフロントマスクのデザインを採用したコンプリートカー、モデューロXをはじめフロアマットをはじめとした各種アフターパーツのラインナップするのがホンダアクセスです。

一方の無限はモータースポーツで培ったテクノロジーをフィードバックした機能性パーツを中心に開発し、クルマをスポーティに仕立てるブランドとして、それぞれの特徴をもっています。

今回ホンダアクセスからは、2018年12月にマイナーチェンジを行い、ハイブリッド車を追加したステップワゴンモデューロXをはじめ、コンパクトSUVの人気モデル、ヴェゼルをベースとしたヴェゼルツーリングモデューロXコンセプト2019などが出展されました。

一方の無限からは、2年振りに国内市場に復活したCR-Vに無限の用品を装着したMUGEN CR-V。昨年末に登場したばかりのハイブリッド車、MUGEN INSIGHTを出展。さらに、ニュルブルクリンクFF車最速を記録したシビックタイプRは用品装着車のMUGEN CIVIC TYPE R Prototype。そして無限スピリッツを注ぎ込んだCIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODELを出展しています。

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事