マツダの次世代エンジン「SKYACTIV-X」は新型MAZDA3から搭載開始?

●世界初の「圧縮着火」ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の市販車搭載がスタート

環境性能(低燃費、CO2排出量削減)と動力性能向上を両立させるなど、ガソリン/ディーゼルエンジン双方の長所を併せ持つマツダの次世代エンジン「SKYACTIV-X」。

電動化が進むなか、HVにおいてもモーター駆動用の電力を内燃機関から得ていることから、同社では燃料から取り出せるエネルギー量を従来(4割程度)よりも更に向上させる必要があるとして、ガソリンエンジンで世界で初めて「圧縮着火」を実現しました。

ディーゼルエンジンの圧縮着火では使用しないスパークプラグの活用や、燃焼範囲の拡大などにより、ガソリンエンジンの燃費を20~30%向上、CO2排出量を20~30%削減。

産経新聞によると、「SKYACTIV-X」エンジンは年内に新型MAZDA3(2.0L)に搭載された後、各種排気量のエンジンに展開されていく計画になっているようです。

Avanti Yasunori・画像:MAZDA)

【関連リンク】

MAZDA SKYACTIV-X
http://www.mazda.com/ja/csr/special/2017_01/

【関連記事】

東京オートサロン2019に登場!上質なインテリアが自慢の新型「MAZDA3」
https://clicccar.com/2019/01/07/678637/

マツダがPHVの発電用途で「ロータリーエンジン」を復活させる訳は?
https://clicccar.com/2019/01/04/677634/

マツダが2019年に性能/燃費を大幅向上させた次世代エンジン車を発売へ
https://clicccar.com/2017/08/11/500697/

トヨタとマツダの資本提携で「走り好き」に訴求するEVが実現する!?
https://clicccar.com/2017/08/06/499136/

『マツダ』の最新記事

マツダが「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」で、第53回機械振興賞の「経済産業大臣賞」を受賞
マツダが1310MPa級の高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発。Mazda3に採用へ
【シカゴオートショー2019】マツダMX-5(ロードスター)30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開
【新車】アウトドア派に応えるマツダ・フレアワゴン・スタイルが登場
【新車】マツダ・キャロルが一部改良で安全装備をアップデート。一部デザインと仕様を変更

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事