アウディ最強コンパクトSUV、新型「RS Q3」の最終デザインをキャッチ

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、新型「Q3」に設定される最強モデル「RS Q3」の次期型プロトタイプを、厳冬のスカンジナビアでカメラが捉えました。

捉えたプロトタイプは、これまで現行モデルのダミーパーツを付けていましたが、ついに市販型パーツを装着し、公開への準備が整いつつあります。

グリルや巨大なコーナーエアインテークには、同ブランド最強SUV「RS Q8」と同じメッシュパターンを持っています。また、極太のツインエキゾーストパイプを装着し、ベースモデルと比較して、かなりアグレッシブなエクステリアが見てとれます。

ホイールは以前のプロトタイプと同じものが装着されており、これが市販モデルにも採用される可能性が高いです。

「RS Q3」の心臓部には2.5リットル直列5気筒エンジンを搭載。「RS 3」や「TT RS」同様に最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮します。

2019年3月のジュネーブモータショーでは、高性能モデル「SQ 3」の公開が予定されており、最強「RS Q3」のワールドプレミアは、2019年末、あるいは2020年初頭まで待つことになりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ランボルギーニのワンオフオフローダー「ウラカン・ステラート」、まさかの市販化!?
アストンマーティン ヴァルキリー、限定25台の「レッドブル・シグネチャーエディション」が存在!?
過激チューンのゲンバラ、新型スーパーカーを独自開発へ!800馬力のエンジンをミッドシップに搭載
新型ゴルフにも最強「R」が登場。でも「ドリフトモードは搭載しない」!?
復活の三菱・パジェロミニ、新型は4ドアに?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事