【東京オートサロン2019】三菱自動車から新型デリカD:5の純正用品装着車、アウトランダーとエクリプス クロスの「STREET SPORT」が出展

新型デリカD:5が話題を集めている三菱自動車は、「東京オートサロン2019」にブランドメッセージ 「Drive your Ambition」をテーマに掲げて出展すると発表しました。

最大の注目は2018年度内に発売される新型デリカD:5でしょう。新型デリカD:5は3台登場します。ノーマル仕様の1台に加えて、エアロ仕様の「URBAN GEAR(アーバンギア)」、純正用品提案車を披露。

注目の純正用品提案車は、LEDワーキングランプが装着されたヘビーデューティキャリアや、サイド&リヤアンダーガードバー、エンジンフードエンブレムがブラック化されて装着。また、マッドフラップ(レッド)や各種純正用品を装着するなど、デリカD:5らしく、よりタフでアクティブな仕立てになっています。

またスポーティなイメージをオンロードスタイルで表現したカスタムカーの「アウトランダーPHEV STREET SPORT」「エクリプス クロス STREET SPORT」も披露。

「アウトランダーPHEV STREET SPORT」は、上級グレードの「S Edition」をベースに、フロントのダイナミックシールドにイルミネーションが配されます。レディッシュカーボン調のフロント、イルミネイティッドサイド、リヤエアダムを装着。さらに、「HKS HIPERMAX S-Style C」のショックアブソーバー、ヨコハマ製「ADVAN dB V552 (225/55R18)」タイヤも足もとを引き締めます。

「エクリプス クロス STREET SPORT」は、ブラックをアクセントカラーとした特別仕様車の「BLACK Edition」がベース。

エンジンフードエンブレム、バンパーガーニッシュパッケージ、アルミホイールがブラック化されるなど、黒により引き締まった印象を付与。さらに、フロントコーナー、イルミネイティッドサイド、リヤコーナーエクステンションにクリア塗装が施され、ダイナミックシールドにもイルミネーションがあしらわれています。

こちらもダンパーは「HKS HIPERMAX S-Style C」で、タイヤも「ADVAN dB V552 (225/55R18)」となっていて、マフラーは「HKS LEGAMAX Premium」が採用されています。

(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
三菱自動車が遊んで学べる社会体験アプリ「ごっこランド」に新規パビリオンを出店
【新車】三菱パジェロの国内向け生産が今夏で終了。ファイナルエディションは453万600円で販売
世界に誇れる高い完成度を誇る三菱アウトランダーPHEVが累計販売台数20万台を達成
アジア初公開となる「MITSUBISHI e-Yi CONCEPT」は次期アウトランダーPHEV!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事