ポルシェ・911ターボカブリオレ新型、豪雪地帯に出現。610馬力のハイパワーモデルか?

ポルシェ・新型「911」に設定されるハイパフォーマンス・オープンモデル、「911ターボカブリオレ」のプロトタイプを豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、ボンネットフードにラリーカーのようなLEDサブライトバーを装着し、以前目撃したプロトタイプと異なるホイールを装着。

クロスドリル・ブレーキディスクを装着しており、頂点に君臨する「ターボカブリオレS」の可能性があるようですが、エクステリアは、ボンネットフード、バンパー、エアインテーク、テールライトなどがカモフラージュされており、まだまだ未完成の状態といえます。

次期型では、最新世代の「MMB」プラットフォームによりトレッドをワイド化。剛性を高め軽量化を図ると共に、高速性能が向上するはずです。

現行モデルのパワートレインは、3.8リットル水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高出力580psを発揮しますが、次期型では600ps超えが確実視され、610ps程度に向上しそうです。また、現行モデルの0-100km/h加速は3.0秒ですが、こちらも2.8秒程度までパフォーマンスが引き上げられそうです。

ワールドプレミアは、「911カブリオレ」が2019年3月のジュネーブモーターショー、「911ターボ」が9月のフランクフルトモーターショーと予想されており、「ターボカブリオレS」はそれ以降となるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?
BMW・3シリーズ ツーリングの次期型は、セダンと異なるリアクォーターウィンドウを採用?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事