【東京オートサロン2019】日産ブースには、オーテック&ニスモの両ブランドの注目モデルも出展。カスタマイズモデルも必見

「東京オートサロン2019」の日産自動車ブースでは、「NISSAN」ブランドはもちろん「AUTECH」と「NISMO」の両ブランドからも注目のモデルが出展されます。

大人のカスタマイズ派に向け、よりプレミアム感の高いデザインや質感にこだわる人に訴求するスポーティブランドが「AUTECH」。セレナ、ノートに続く第3弾として、2019年1月にはエクストレイル「AUTECH」が発表されます。

オートサロン会場の展示車は、湘南・茅ヶ崎の空と海をイメージした「AUTECH」のアイコニックカラー「オーテックブルー」で統一。さらに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴する日産リーフをベースとした「LEAF AUTECH Concept」が参考出品されます。

また、オーテックジャパンのものづくりのノウハウを生かすことにより実現した「プレミアム パーソナライゼーション プログラム」では、専用シートをホワイト、ブラック、タンなどの各色から選択することが可能になるなど、より上質な室内空間を演出するとしています。

「NISSAN LEAF NISMO」は、EVならではのダイレクトで俊敏な加速やスムーズな走りに、ニスモがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデル。

Cd値を悪化させることなくダウンフォースを向上した空力性能に優れたエクステリアデザインに加えて、専用サスペンションチューニング、18インチタイヤの採用などによりワンランク上の直進安定性を実現。ドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さを日産リーフから約2倍に引き上げられています。

『日産自動車』の最新記事

【デトロイトモーターショー2019】EVのコンセプトカー「Nissan IMs」が世界初公開。航続可能距離は600km超
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く
【東京オートサロン2019】日産ブースの注目はジュークやエクストレイル、エルグランドの超ド迫力カスタマイズモデル
【新車】「ミッドナイトオパール」をまとう日産・GT-Rの「大坂なおみ選手 日産ブランドアンバサダー就任記念モデル」が50台限定で登場
【新車】日産・エルグランドがマイナーチェンジ。先進安全装備をグレードアップ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事