【東京オートサロン2019】日産ブースには、オーテック&ニスモの両ブランドの注目モデルも出展。カスタマイズモデルも必見

「東京オートサロン2019」の日産自動車ブースでは、「NISSAN」ブランドはもちろん「AUTECH」と「NISMO」の両ブランドからも注目のモデルが出展されます。

大人のカスタマイズ派に向け、よりプレミアム感の高いデザインや質感にこだわる人に訴求するスポーティブランドが「AUTECH」。セレナ、ノートに続く第3弾として、2019年1月にはエクストレイル「AUTECH」が発表されます。

オートサロン会場の展示車は、湘南・茅ヶ崎の空と海をイメージした「AUTECH」のアイコニックカラー「オーテックブルー」で統一。さらに「ニッサン インテリジェント モビリティ」を象徴する日産リーフをベースとした「LEAF AUTECH Concept」が参考出品されます。

また、オーテックジャパンのものづくりのノウハウを生かすことにより実現した「プレミアム パーソナライゼーション プログラム」では、専用シートをホワイト、ブラック、タンなどの各色から選択することが可能になるなど、より上質な室内空間を演出するとしています。

「NISSAN LEAF NISMO」は、EVならではのダイレクトで俊敏な加速やスムーズな走りに、ニスモがさらなる磨きをかけて新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデル。

Cd値を悪化させることなくダウンフォースを向上した空力性能に優れたエクステリアデザインに加えて、専用サスペンションチューニング、18インチタイヤの採用などによりワンランク上の直進安定性を実現。ドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さを日産リーフから約2倍に引き上げられています。

『日産自動車』の最新記事

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】
苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話
【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
日産が「e-POWER」で欧州に殴り込み!? 欧州発表モデルに感じた心配事とは?【ジュネーブモーターショー2019】
大阪でも好評の「オーテックブルー」。リーフオーテックへも強い期待

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事