今度はミッドシップだ! ダッジ「バイパー」に復活の噂

【ダッヂ・バイパー復活か?】

・アメリカのスポーツカーの象徴!

2017年まで生産されたアメリカのスポーツカーを代表するダッジ「バイパー」が、ミッドシップで復活するという情報を入手しました。

入手した新型の予想CGでは、バイパーの特長であったロングノーズは持たず、サイドにはミッドシップらしく大きなエアスクープを装備し、コンパクトなボディシルエットが見てとれます。

新型モデルには、これまで「チャレンジャーSRT」のハイスペックモデル「ヘルキャット」の6.2リットルV型8気筒をアップデートしたものが予想されていましたが、今回は4.2リットルV型8気筒のダウンサイジング・ツインターボエンジンとされ、最高出力は650ps程度が予想されています。

「バイパー」は、1989年にコンセプトモデルが登場。その後1991年に市販型が発売されました。当時人気絶頂のシボレー「コルベット」の対抗馬として市場に投入され、2008年には「バイパーSRT-10 ACR」が7分22秒1で、ニュル市販車最速キングの称号を得ています。

バイパー復活について、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の前CEO、セルジオ・マルキオンネ氏は以前、この噂を完全否定しましたが、現在でも人気に衰えが見られず、一転復活の可能性もあると思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?