スズキ・アルトがマイナーチェンジ。安全装備がレベルアップし、「サポカーSワイド」に該当

スズキ・アルトがマイナーチェンジを受けました。今回の変更でS、Xグレードにディスチャージヘッドランプのオプション設定がなされています(ワークスには標準装備)。

 

また先進安全運転装備の強化がなされました(F、Lグレードにはオプション設定・2ペダル車には標準装備)。従来は30km/h以下まで対応していた前方衝突被害軽減ブレーキを100km/h以下まで範囲拡大しています。

そのほか、前方のみ対応していた誤発進抑制機能を後方にも対応させました。これによってセーフティサポートカー分類を、サポカーSベーシックからワイドに変更しています。

ワークス以外のインテリアに関しても変更が行われました。ライトブルーだったシート表皮のカラーをネイビーに変更しています。またインパネ正面とドアトリム部分のアイボリーのガーニッシュをグレージュ色へとカラー変更しています。

 

この他、ワークスには新色のブリスクブリスクブルーメタリックを設定しています。なお今回のマイナーチェンジのタイミングでスポーティモデルのターボRSはラインナップからなくなりました。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『スズキ』の最新記事

スズキが「アルト」をパキスタンで販売開始。日本仕様と同じボディサイズで、660ccエンジンを搭載
【新車】スズキ・エブリイ/エブリイワゴンに衝突被害軽減ブレーキ、後退時の衝突被害軽減ブレーキなどを設定
スズキ アルト・ラパンが一部改良。安全と快適装備を強化
【新車】スズキ・アルトに衝突被害軽減ブレーキ標準化を含む充実装備の「Lリミテッド」が設定
スズキのニューモデルに無料で試乗できるイベント「スズキ ファンRIDE フェスタ」 が今年も開催決定!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事