スズキ・アルトがマイナーチェンジ。安全装備がレベルアップし、「サポカーSワイド」に該当

スズキ・アルトがマイナーチェンジを受けました。今回の変更でS、Xグレードにディスチャージヘッドランプのオプション設定がなされています(ワークスには標準装備)。

 

また先進安全運転装備の強化がなされました(F、Lグレードにはオプション設定・2ペダル車には標準装備)。従来は30km/h以下まで対応していた前方衝突被害軽減ブレーキを100km/h以下まで範囲拡大しています。

そのほか、前方のみ対応していた誤発進抑制機能を後方にも対応させました。これによってセーフティサポートカー分類を、サポカーSベーシックからワイドに変更しています。

ワークス以外のインテリアに関しても変更が行われました。ライトブルーだったシート表皮のカラーをネイビーに変更しています。またインパネ正面とドアトリム部分のアイボリーのガーニッシュをグレージュ色へとカラー変更しています。

 

この他、ワークスには新色のブリスクブリスクブルーメタリックを設定しています。なお今回のマイナーチェンジのタイミングでスポーティモデルのターボRSはラインナップからなくなりました。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『スズキ』の最新記事

スズキ GSX250R試乗レポート:見た目ほどハードじゃない。優しい乗り味がお好みならぜひ!
【東京オートサロン2019】スズキブースの大注目は「ジムニー サバイブ」と「ジムニーシエラ ピックアップ スタイル」!!
【新車】ハスラー、ジムニーに続くヒット作になる!? 期待のスズキ・スペーシア ギアは1,614,600円〜
【スペーシア ギア開発者インタビュー】ガンメタパーツを効果的に配することでSUVらしさを演出
【スズキ・スペーシア ギア登場】撥水素材を使った専用内装で、見た目も実用性もSUVらしさを向上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事