日本導入も!? アウディSQ7改良型、フロントエンドを刷新し2019年デビューへ

アウディのクロスオーバーSUV「Q7」のハイパフォーマンスモデル、「SQ7」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車両は、先日キャッチした「Q7」同様にヘッドライトデザインを刷新。「SQ7」は、ダイナミックなターンシグナル機能を持つデイタイムランニングライトを装備し、差別化がされるようです。

グリルには、力強い縦スラットが装着されているほか、コーナーエアインテークもスポーティーなデザインに変更されています。さらにサイドスカートやフェンダーもリフレッシュされ、クワッドエキゾーストパイプはスクエアから円形に変わっているのも見てとれます。テールライトは現行モデルのものですが、今後デザイン変更が予想されます。

パワートレインは、電動式コンプレッサーを備える4リットルV型8気筒ディーゼルエンジンがキャリーオーバーされる見込みです。ターボラグを排除する48Vマイルドハイブリッドにより、最高出力435ps、最大トルク900Nm、0-100km/h加速は4.8秒のパフォーマンスを誇ります。

ワールドプレミアは、「Q7」同様に2019年内となりそうです。現在、「SQ7」は日本に発売されていませんが、改良型を機に導入を期待したいです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ヒュンダイ i20N_001
ニュルで高速テスト中! ヒュンダイ i20の最強モデル「N」市販型ボディをキャッチ
シボレーコルベット_003
新型シボレー・コルベット、PHEVモデルを初設定へ。燃費だけでなく性能も向上か?
フィアット ティーポ_006
実はシビックやマツダ3より売れている!? フィアット・ティーポ、5年目の大幅改良
スパイカメラマン_003
わずか5秒のチャンスにかけるビジネス! 新車スパイカメラマンというお仕事
日産 エクストレイル_001
新型 日産・エクストレイルの特許画像を入手! 新しい「e-POWER」を搭載で魅力アップ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事