【新車】サーキットだけでなく公道も走行可能。スクアドラ・コルセ初のワンオフモデルとなる「ランボルギーニ SC18」が公開

イタリアのサンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラ・コルセは、モータースポーツ、ドライバーの育成プログラムなどで知られています。

2018年11月16日、同部門初のワンオフモデル「SC18」が公開されました。デザインセンターのチェントロ・スティーレも関わってデザインされたという「SC18」は、主にサーキットでの走行が想定されているものの、公道走行も可能としています。スクアドラ・コルセによるモータースポーツ車のパーソナライズ化への端緒となる一台です。

「SC18」の見どころは、スクアドラ・コルセがレースで培ったノウハウをもとに、同モデルのために開発されたエアロダイナミクス。具体的には、フロントフードに「ウラカン GT3 EVO」を彷彿とさせるエアインテーク、サイドとリヤには「ウラカン・スーパートロフェオ EVO」に着想を得たというフェンダー、フィン、エアスクープなどがポイント。

カーボンファイバー製の大型ウィングは、3 段階の調整機構でどんなサーキットでも最適なダウンフォースを発生させることが可能だそう。リヤフードに連なる12のエアインテークは耐久レースで実績があり、V12気筒エンジンの冷却性能を向上させるそうです。

パワートレインは、ランボルギーニの中でも最高レベルを誇り、6498ccのV12 NAエンジンは最高出力 770hp/8500rpm・最大トルク720Nm/6750rpmを叩き出し、それをISR(インディペンデント・シフティング・ロッド)で最適化された7 速DSGが路面に伝えます。

さらに、超軽量素材の使用と新登場のカーボンファイバー製のボディによる軽量化も図られています。地上高はわずか109mmで、リヤは、独特のデザインとサウンドを生み出すエキゾーストが特徴的。

「SC18」の個性をさらに際立たせているのが、「Grigio Daytona(グリージョ・デイトナ)」というグレーのカーボンファイバー製ボディで、ディテールや赤のスクリーンプリントがスポーティなムードを強調。センターロック式ホイールは、フロントが20インチ、リヤが21インチで、特別に開発されたピレリ製「P ゼロコルサ」が装着されています。サーキットでのあらゆるパフォーマンスを計測するためのテレメトリーシステムも装備されているそう。

一方のコックピットは「Nero Ade(ネーロ・アーデ)」のブラックのアルカンターラに、赤い「Rosso Alala(ロッソ・アララ)」のクロスステッチが施された内装と、カーボンファイバー製のバケットシートが特徴としています。

(塚田勝弘)

『ランボルギーニ』の最新記事

710馬力にパワーアップされたランボルギーニ・ウルスのチューニングカーをABTが発表
【ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ・スパイダー試乗】スーパーカーとしてはかなり乗りやすいタイプ!?
【ランボルギーニ・ウルス試乗】SUVとしての魅力・使い勝手もしっかりと持つ、不思議な「スーパーカー」SUV
ランボルギーニの次世代V10エンジンを搭載したウラカンEVOの写真が初公開
【新車】ランボルギーニが提案する新しいモータースポーツ「スーパーSUVレース」用の「ウルスST-Xコンセプト」が登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事