【新車】人気のフォルクスワーゲン「cross up!」が300台限定・2,098,000円で再登場

2015年8月、日本に初めて導入されたフォルクスワーゲンの「cross up!(クロスアップ!)」は、Aセグメントのup!をベースに、専用パーツなどによりSUVルックに仕立てられたクロスオーバータイプ。2017年に300台限定で導入されましたが、2018年11月27日に限定車として再登場しました。

 

今回も限定台数は300台で、ボディカラーは「スタアズールメタリック(cross up!専用色)」200台、「ハニーイエローメタリック」100台の2色限定で、価格は2,098,000円です。

前後バンパーをはじめ、ホイールハウスエクステンション、ブラックサイドモールディング、シルバードアミラー、シルバールーフレールなどにより、SUVルックに仕立てられた「cross up!」は、上級モデル「high up!」で人気のパークディスタンスコントロールとオプティカルパーキングシステムに加え、新たにリヤビューカメラ「Rear Assist」が採用され、駐車時の安全性を大幅に高めたとしています。

さらに、ベースモデルに比べて、全長が15mm・最低地上高も10mm上昇したことに加えて、「up!」では最も大きな16インチの専用アルミホイールを採用したことにより、クロスオーバースタイル特有のSUVルックを際立たせた、アクティブな「up!」に仕上げられています。

快適装備では、こちらも人気のフォルクスワーゲンの純正インフォテイメントシステム「Composition Phone」やスマートフォンホルダーなどのインフォテイメントパッケージに加え、フルオートエアコン、シートヒーター、さらにクルーズコントロールなどの装備も標準で用意。

外観は、シルバーとブラックの専用パーツのコントラストがボディカラーにアクセントとして映えるようにデザインされています。内装は、スポーティなブラックで統一され、ドアシルプレートやオレンジにライティングされるアンビエントライトなどにより特別感が得られるそう。限定車「cross up!(クロスアップ!)」の価格は2,098,000円です。

(塚田勝弘)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

2018年のフォルクスワーゲングループの販売台数は、0.9%増の過去最高1,083万台を記録
【新車】フォルクスワーゲン・ティグアンが一部改良。ベース車の安全装備を充実化
フォルクスワーゲンがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
【VWティグアンTDI 4モーション 試乗】SUVとディーゼルエンジン仕様のメリットとは?
【VWゴルフGTIダイナミック試乗】人気オプション装備を「全部のせ」した限定車で現行GTIの熟成ぶりを味わう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事