【新車】充実装備を誇るプジョー208の特別仕様車「SIGNATURE」が210万円で登場

プジョーのコンパクトハッチのプジョー・208に特別仕様車「SIGNATURE」が設定され、11月21日から発売されました。

プジョー・208は、スタイリッシュで上質なエクステリア、高い質感と個性的なインテリア、「i-Cockpit」と呼ばれるインパネ、軽快な走り、コンパクトで運転のしやすさ、手頃な価格といったコンパクトカーに求められる点を満たしていることで、人気を集めているモデル。

「208 SIGNATURE(シグネチャー)」は、車名の「Signature(=サイン、署名の意)」に象徴されるように、208の美点をさらに引き出すことを約束する、という意味が与えられています。

具体的には「208 Style」をベースに、質感の高い「208 Allure(アリュール)と同様のフロントグリル、ブルーステッチ入りシート、バックアイカメラ(アクティブシティブレーキとバックソナーも標準装備)、16インチ専用ホイールカバー、SIGNATUREエンブレム、「Apple CarPlay」への対応など、210万円(税込)という輸入車コンパクトカーのエントリー価格帯モデルでありながら充実した装備を用意。

搭載されるエンジンは、110ps/205Nmの1.2L直列3気筒ターボで、「EAT6」と呼ばれる6ATとの組み合わせ。ボディカラーは「ビアンカ・ホワイト」「リオハ・レッド」「ダーク・ブルー」3色展開となっています。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
【新車】売れ筋SUVのプジョー3008と3列シートSUVのプジョー5008のガソリンエンジンが改良。トランスミッションも8ATに進化
【新車】プジョー308のガソリンエンジン仕様がアップデート。最新の燃費規制をクリアする1.2L+8ATが設定
【新型プジョー508試乗】ファストバックスタイルを採用した新型のボディサイズ、デザイン、居住性は?
【新型プジョー508試乗】プジョー史上最高傑作の走りを堪能できる秀逸なパワートレーン

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事