日本市場への投入はあるか? BMW最小セダン、改良型はグローバルモデルに

BMWの最小セダンである「1シリーズ セダン」改良型をカメラが捉えました。

「1シリーズ セダン」は現在、中国専用として発売されていますが、このLCI(BMWのいうフェイスリフト)で世界戦略車として登場する可能性があることがわかりました。

初代である現行モデルは、2016年に発表され、2018年夏からはメキシコでも発売が開始されています。同ブランドから公式発表はありませんが、今後さらに市場を広げる計画を持っているようです。

ライバルのメルセデスベンツ「Aクラス セダン」は、一足先に世界市場への投入を発表しており、可能性はあると言えます。また、このプロトタイプが撮影されたのがバイエルン・ミュンヘンであり、すでにドイツでは受け入れ体制が整っているようです。

世界展開へ向け、エクステリアも刷新されます。フロントマスクでは、ヘッドライト、キドニーグリル、エアインテークやバンパーを修正。リアビューではテールライトのグラフィックも変更されるようです。

現行モデルのパワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンを搭載する「118i」と2.0リットル直列4気筒ターボエンジンの「120i」、そして高性能モデル「125i」がラインアップされています。グローバルモデルでは、新たなエンジンも新設定されるかもしれません。

ワールドプレミアは2019年のモータショーが予想され、世界展開は2020年以降となります。日本市場投入があるか注目されます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
フォード プーマST_004
公開間近!? フォード最小の高性能SUV「プーマST」のプロトタイプをニュルでキャッチ
アストンマーティン ザガート_002
ペアで限定19セット・総額8億円!? アストンマーティン・DBS GTザガートをキャッチ
メルセデスベンツ シタン_004
メルセデス・ベンツ版カングー「シタン」初のフルモデルチェンジへ!
メルセデス G 4x4_002
Gクラス最強の4×4²が4年振りに復活! 市販型プロトタイプをキャッチ
シボレー コルベットC9_002
再びFRに回帰!? シボレー コルベット「C9」はC7までの伝統的スタイルを踏襲?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事