【週刊クルマのミライ】ホンダが中国で発売するヴェゼルベースのEVは大容量バッテリーを積む

ホンダが、2018年広州モーターショーにおいて、広汽本田汽車有限公司(広汽ホンダ)と共同開発をした中国専用EV「理念 VE-1」を世界初公開しています。

ドア形状などからわかるように、グローバルモデルであるコンパクトSUV「ヴェゼル」をベースにしたEVですが、驚かされるのは、床下に搭載されるというリチウムイオンバッテリーの総電力量が53.6kWhとなっていることです。

日産リーフのバッテリー総電力量が40kWhですから、理念VE-1の車体サイズを考えると、かなりコンパクトなバッテリーパックとなっているか、絶妙なパッケージングを実現していることが想像できるのです。

駆動モーターのスペックは、最大出力120kW、最大トルク280Nmと発表されています。これは、CR-VやクラリティPHEVといった2モーターハイブリッドシステムが最大出力135kW、最大トルク315Nmとなっていることと比べると控えめですが、それでもホンダは「SPORT EV」として意のままと感じられるようなドライビング性能を実現』したと発表しています。

つまり、大容量バッテリーを搭載していても、重量はそれほど重くなっていないと予想されるのです。

車体の印象からメーカー製コンバージョンEVといった風情の理念VE-1ですが、大容量かつ軽量だとすれば、バッテリー周りの設計はかなり攻め込んだものだと期待が高まります。なお、NEDC(欧州サイクル)での航続可能距離は340kmと総電力量から考えると短めな印象。

40kWhの日産リーフのNEDC値が378kmであるので、53.6kWhという数値からすると航続可能距離が500kmに届いていてもおかしくないように思えるのですが……。

(山本晋也)

『クルマのミライ』の最新記事
F1用パワーユニット
7月3日F1開幕!ホンダは「走る実験室」というが、現在のF1技術は市販車のどこにフィードバックしている?【週刊クルマのミライ】
R360クーペとNDロードスター
マツダの原点は軽自動車。過去最高販売を記録したときのモデルとは?【週刊クルマのミライ】
燃料電池車を一般向け販売開始
ホンダの燃料電池車もついに一般向けリース販売開始。そのコストは?【週刊クルマのミライ】
irasutoya_child
子どもたちが大人になったら買いたいものNo.1はクルマ!?【週刊クルマのミライ】
NISSANNEXT
7代目フェアレディZを含む、18か月以内にローンチする新型車12台のシルエットを日産が公開【週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事