メルセデス・ベンツ「CLAシューティングブレーク」、日産GT-Rの技術搭載で存続決定的に!

一時は生産中止がささやかれていたメルセデス・ベンツのスタイリッシュワゴン、「CLA シューティングブレーク」の次期型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

キャッチした開発車両はカモフラージュで完全防備されています。しかしダミーレンズながら、プレデター顔とみられるヘッドライトの一部、かなり拡大されているテールゲートの開口部、テールゲートまで伸びたワイドなテールライト、大経口のツインエキゾーストパイプなどを確認することができます。

さらに次期型では、トランク容量が拡大し、実用性が格段に向上すると予想されます。

キャビン内では、「Aクラス」新型から流用されるコックピットを装備。MBUXインフォテイメントシステムを搭載し、インフォテイメントとデジタルインストルメントクラスターをワイドディスプレイに組合せるデザインとなります。

注目はパワートレインです。ルノー日産三菱アライアンスと共同開発した、新型直噴1.3リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載する可能性があるようです。このエンジンには、日産「GT-R」の「ミラーボアコーティング」技術を採用しています。これはエンジン内部の抵抗を減らすことによって、エンジンの効率を上げるテクノロジーです。

「CLA」次期型は、「4ドアクーペ」「シューティングブレーク」と共に、2019年リリースが予定されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

メルセデス・ベンツ SLの次期型は2021年登場? ダイナミックな快適性を持つモデルに進化
マツダ新型2ドアクーペを開発中か!? MAZDA「MX-30」の商標登録完了
新型ジュークのデビューは9月3日。日産自動車がヘッドライトをティザー公開
デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事