【メルセデス・ベンツCクラス試乗】辛口の足まわりと強烈な加速を受け止める高いスタビリティが際立つ「メルセデスAMG C 43 4マチック」

新型Cクラスセダン/ワゴンおよびクーペのハイパフォーマンスモデルには、「メルセデスAMG C 43 4マチック」「メルセデスAMG C 63」「メルセデスAMG C 63 S」という3つのグレードが用意されています。

ここでは「メルセデスAMG C 43 4マチック」の走りについてご紹介します。なお、車両本体価格は940万円。

「267M30」型の3.0L V6ツインターボエンジンを搭載し、大型化されたターボにより390ps/6100rpm・520Nm/2500-5000rpmというアウトプットを得ている「メルセデスAMG C 43 4マチック」は、その名のとおり4WDとの組み合わせ。

1710kgという車両重量には、十分に強烈といえる加速フィールをもたらし、「スポーツ+」モードにすると後ろから蹴っ飛ばされたような瞬発力にも驚かされます。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

メルセデス・ベンツ Sクラスの「S 400 d 4MATIC」は、メルセデス最強を誇る3.0L直列6気筒ディーゼルエンジンを搭載
【新車】カタログ落ちしていたベンツ・Vクラスに、ガソリンエンジンを搭載した「V 260 ロング」を設定
【メルセデス・ベンツCクラス試乗】乗り心地の良さとトルクフルな走りが指名買いしたいツウ好みの選択肢「C 220 d」
【新車】確かな走破性とオンロードでも快適なオフロードサスペンション仕様の「GLA 220 4MATIC Off-Road Edition」が登場
【メルセデス・ベンツCクラス試乗】車両本体価格552万円の「C 200アバンギャルド」の魅力とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事