デザイン、スペックはどうなる?室内も初公開。レンジローバー イヴォーク次期型をキャッチ!

ランドローバーの人気クロスオーバーSUV「レンジローバー イヴォーク」の次期型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュの軽い状態でカメラが捉えました。

いよいよ第二世代へ突入する新型テスト車両は、コーナーエアインテークに2枚のフィンを備え、薄型のヘッドライトを装備し、兄貴分「ヴェラール」からインスパイアされたデザインが予想されています。

プラットフォームには「D8」アップデート版が採用され、ボディが大型化。広いスペースを持ち、ガソリンターボチャージャーやディーゼルに加えプラグインハイブリッドにも対応します。また3ドアモデルは廃止される可能性が高いようです。

室内には、3つのディスプレイを備えています。インストルメントパネル用、インフォテインメントシステム用、そしてエアコンのコントローラー用です。レジスター下部にあるディスプレイは現行モデルよりワイド化されているのが見てとれます。ステアリングホイールも「ヴェラール」のものと酷似していることがわかります。

パワートレインの目玉は、新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステム搭載モデルで、27km/L程度の燃費が予想されます。

そのほか、最高出力148ps、178ps、そして237psの3バージョンが用意される2リットル直列4気筒インジニウム・ディーゼルターボエンジン、最高出力245ps、296psの2バージョンの2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップし、ZF製9速ATと組み合わされます。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーと予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

アウディ・A4オールロードの改良型をキャッチ。デュアルスクリーン搭載&フロントマスクを刷新へ
MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事