佐藤琢磨選手と室屋義秀選手がレーサーズスクワッドを結成。今年と来年のタイトルを語る

10月30日東京・新橋のコンラッド東京で、腕時計ブランド「ブライトリング」の新コレクション「プレミエ」の発表会が行われました。

「プレミエ」は、1940年代に同社で製造されたプレミエシリーズにインスピレーションを受けたコレクションとのことで、ブライトリング社のCEOジョージ・カーン氏は「パイロットウォッチを愛する人たち、高級時計を愛する人たちを1つにするもの。深い歴史を持つわれわれだからできること」と、ブランドの方向性を説明しました。

ブライトリングでは、航空、探検、スポーツ、映像などといった、さまざまな分野のプロがスクワッド(チーム)を組み、情熱や目標、ミッションを分かち合い一体となった活動をサポートしています。

発表会ではモータースポーツ界を代表するアスリートによって立ち上げられるジャパン・レーサーズ・スクワッドに参加する、佐藤琢磨選手(2017年にインディ500を制し、今年もインディーカーシリーズで1勝を上げた)・室屋義秀選手(2017年レッドブル・エアレースを制した現ワールドチャンピオン)・中上貴晶選手(2018年より2輪レースの最高峰「モトGP」クラスに参戦)という、各カテゴリーの最高峰で戦う現役の3名でチーム(スクワッド)を組みました。今回、中上選手はレース開催地へ移動中との事で、室屋選手と佐藤選手のみ結成発表会への参加となりました。

ブライトリングのイメージを室屋選手は「(航空時計・計器として作られた生い立ちから)守り神に近い」、佐藤選手は「男心をくすぐる大人の時計」と語りました。

両選手とも世界の頂点を掴んで迎えた今シーズンでしたが、佐藤選手はチーム移籍で苦しい前半戦を戦いながらも終盤に向けて成績は右肩上がりで、ポートランドでの優勝と総合力が上昇してきたとのこと。

室屋選手は、「今シーズンは好不調の波があるシーズンで、まずまずの出だしから、千葉(第3戦)で新部品を投入して一気に抜け出そうとしたのですが、裏目に出た失敗もありました。現在もトラックにおけるタイムではほぼトップを維持し機体のスピードは高いです。(総括すると)チーム戦略とか、来年に向けていい勉強になったシーズン」と振り返りました。

2人の出会いは昨年のインディアナポリスのエアレース会場。お互いの活躍を知っていて刺激を受けあっており、あっという間に意気投合していました。現場で我々も「あれ?初対面の筈なのに?」というほどの打ち解け方でした。佐藤選手の応援を受けた室屋選手は劇的な展開の中で優勝を果たし、チャンピオンを獲得しました。

その後、互いの世界を知ってもらうべく佐藤選手がもてぎでドライブするNSXでレーシングスピードを体験。室屋選手は「飛行では減速Gはないので、衝撃でした」「その後、更に更に攻め込まれました」といえば、後日、福島スカイパークで体験飛行の際は室屋選手が「エンターテイナーのなので、より知ってもらおうと(笑)」、佐藤選手が「旋回中に『力を抜いて』といわれ、緩めると血があっという間に下り、眩暈がしました(笑)」と、お互いのフィールドの凄さを体験しエールを送っていました。

これからレーサーズスクワッドの活動ではレース以外に「未来をつくる」活動として、室屋選手から航空教室「空ラボ」(2019年からふくしまスカイパークで開講)の紹介や、佐藤選手からは東日本大震災で被災した人たちの長期的支援を目指す「With you Japan プロジェクト」、カートの楽しさを伝える「TAKUMA KIDS KART CHALLENGE」など将来の社会を支える子供たちに向けた活動も報告されました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事