40km/L超え!? 4代目ホンダ「フィット」は2モーター式HVで来秋登場か?

2001年6月にロゴの後継車としてデビューしたホンダ「フィット」。2007年10月に2代目、2013年9月に3代目へと刷新され、現在に至ります。

1.3L/1.5Lのガソリンモデルと1.5Lハイブリッドモデルをラインナップするなど、ホンダの主力モデルとなっており、6年間隔でフルモデルチェンジされていることから、来秋には4代目の登場が予想されています。

各種情報によると、次期モデルは相当気合の入ったモデルになるようで、新たに130ps近くを発生するスポーティな1.0L 直3ターボエンジン搭載車も設定(RS?)されるようです。

またHVモデルは、現在の1モーター式「i-DCD」から2モーター式の「i-MMD」へと一新され、モーター走行を中心にした仕様になるようで、燃費は40km/L超えを目標に開発が進められている模様。

4代目フィットは、アクアやノートe-POWER Xの強力なライバルになりそうで、燃費/販売競争のさらなる激化が予想されます。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

今冬発売予定の新型「ホンダ・インサイト」がホームページ上で先行公開!
https://clicccar.com/2018/10/05/636373/

ホンダと日立系の合弁会社がEV用モーターの研究開発拠点を新設
https://clicccar.com/2018/10/01/634685/

【関連リンク】

ホンダ フィット
https://www.honda.co.jp/Fit/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。