六本木にヴィジョンクーペが出現。マツダが「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に参加

日本の美意識にこだわり、エレガントなクルマを生み出し続けているマツダ。同社は世界のあちこちでデザインイベントなどに参加していますが、今度は都心の東京ミッドタウンで開かれている「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に参加しました。

同イベントへのマツダの参加は7回目。今年は「Breathing Life into Things(モノに命を吹き込む)」がテーマで、初日の19日にはトークショーも行われました。ステージの傍らに展示されたのは、昨年の東京モーターショーでヴェールを脱ぎ、今年初め、フランスの国産自動車フェスティバルで「Most Beautiful Concept Car of the year」に選ばれた「MAZDA Vision Coupe」です。

トークショーでは、マツダのデザインブランドスタイル担当常務執行役員の前田育男さんと、「写真に魂を与える」という理念を持つファッションメディア「イタリアVOGUE」のゲストエディターマイケル・ヴァン・ホーン氏が登壇し、展示内容の紹介を行いました。

 

カーデザインとアート写真は一見かけ離れたように思えるテーマですが、「モノに命を吹き込む」という点では類似した行為。巨大パネルに飾られた息を飲む写真と、MAZDA Vision Coupe組み合わせは、まさに「命を吹き込まれたモノたち」の見事な成功例だと思いました。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」でのマツダの展示は10月28日(日)まで。美しいデザインに酔いしれたい方はぜひ足をお運びください。

「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」
マツダ デザイン ビジョン モデル展示概要
場所:東京ミッドタウン キャノピースクエア
日時:10月19日(金)~10月28日(日)11:00~19:00 ※荒天中止
料金:無料

(角田伸幸)

『マツダ』の最新記事

マツダが1310MPa級の高張力鋼板冷間プレス部品を世界で初めて開発。Mazda3に採用へ
【シカゴオートショー2019】マツダMX-5(ロードスター)30周年を記念した特別仕様車「MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition」を世界初公開
【新車】アウトドア派に応えるマツダ・フレアワゴン・スタイルが登場
【新車】マツダ・キャロルが一部改良で安全装備をアップデート。一部デザインと仕様を変更
マツダの次世代エンジン「SKYACTIV-X」は新型MAZDA3から搭載開始?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事