【メルセデス・ベンツCクラス試乗】車両本体価格564万円の「C 180 クーペ スポーツ」の魅力とは?

2018年夏のビッグマイナーチェンジで、じつに6500カ所以上の変更を受けたというメルセデス・ベンツCクラス。9月から順次デリバリーが開始されています。

今回ご紹介するのは、ベーシックな「C 180」のクーペスポーツ(564万円)。セダンの「C 180(受注生産)」は449万円ですから、同じパワートレーンを積んでいても価格差は115万円。

ただし、C180 クーペ スポーツは「スポーツ」の名が付くとおり、タイヤサイズは標準装着がフロント225/45R18、リヤ245/40R18になります。なお、試乗車はオプションで、コンチスポーツコンタクトのランフラットタイヤ(SSR)のフロント225/40R19、リヤ255/35R19サイズを装着。

セダンの「C 180」は16インチ、「C 180 アバンギャルド」でも17インチが標準で、AMGライン装着車になると18インチになります(C 180/C 200 アバンギャルドのAMGライン装着車のタイヤサイズは、前後ともにこの180クーペスポーツと同じ)。

ほかにも、メルセデス・ベンツのロゴ入りブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(フロント)、18インチAMG5ツインスポークアルミホイール、レザー「ARTICO」シート、AMGスポーツステアリング、スポーツシートなどがAMG系の装備が一部標準で用意されています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事