【新車】SUBARU XVに「e-BOXER」搭載する「Advance」を追加設定。一部改良も実施

2018年10月11日、SUBARU XVが一部改良を受け、同月19日から発売を開始すると発表しました。

インプレッサに続き、「SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)」を採用する現行SUBARU XVは3代目。2代目と同様に、200mmの最低地上高を確保しながら、ルーフレール装着車をのぞき、全高を1550mmに抑えることで、高さ制限のある立体駐車場などに対応するなど、都市部での使い勝手にも配慮されています。さらに「X-MODE」の搭載などにより、悪路走破性も向上しています。

今回の改良の目玉は、マイルドハイブリッドである「e-BOXER」搭載車の「Advance」の追加。「e-BOXER」は新型フォレスターにも搭載され、約4割のオーダーを獲得する人気グレードになっています。

2.0Lの直噴NA水平対向エンジン+モーター(電動化技術)「e-BOXER」は、SUBARU独自の技術。フォレスターでも実証済みですが、XVでもスムーズで軽快な加速感が味わえるはずです。

さらに、内・外装には「Advance」専用装備として先進性や特別感のあるブルー内装の採用、透明感のあるブルーを表現したという新色の「ラグーンブルー・パール」を新たに設定。

「Advance」に用意されるエクステリアの装備は、Advance用LEDハイ&ロービームランプをはじめ、LEDフロントフォグランプ、Advance用フロントフォグランプカバー、クロムメッキ+シルバー金属調のフロントグリル、シルバー塗装のフロントバンパーガード、Advance用サイドクラッディング、e-BOXERオーナメント、ローマウントタイプルーフレール。

内装は、マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(Advance用)をはじめ、ブルー専用内装として、Advance(ブルー内装)用シート、本革シート、インパネ加飾パネル、インパネアッパートリム、表皮巻センタートレイ加飾、ブルーステッチ、フロアコンソールリッド、フロント&リヤドアアームレスト、ソフトパッドタイプ、ネイビー表皮巻、加飾パネル付インナードアハンドル、本革巻ステアリングホイール(ブルーステッチ)、本革巻シフトレバー(シフトブーツのブルーステッチ)、ピアノブラック調加飾パネル付となっています。

また、一部のグレードをのぞいて、後退時自動ブレーキシステムが標準化されたほか、「アイサイトセイフティプラス(視角拡張)」にサイドビューモニター機能が追加されるなど、SUBARU XVの特徴である安全装備の強化がさらに図られています。

ほかにも、メカニズム点としてアクティブグリルシャッターを搭載。価格帯は2,138,400円〜2,829,600円で、「Advance」は最上級グレードになり、価格は2,829,600円です。

(塚田勝弘)

『SUBARU』の最新記事
SUBARUレガシィ/アウトバック
新型SUBARU レガシィ/アウトバック(米国仕様)が採用する「Harmony Core(ハーモニー・コア)」とは?
レガシィ・アウトバック/B4が一部改良を実施。新グレード「B-SPORT」を設定【新車】
レガシィアウトバックに新グレード「B-SPORT」を追加。新色「クールグレーカーキ」は軽快【新車】
レガシィB4がマイナーチェンジ、お買い得な「B-SPORT」グレードを追加【新車】
新型インプレッサ G4 2.0i-S EyeSight
どこが変わった!? ビッグチェンジの新型スバル・インプレッサ、その改良点の数々をじっくりとチェックしてみた
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事