【新車】キュートになったダイハツ・ブーン。第3のデザイン「ブーン スタイル」も新設定

トヨタ・パッソとともに、10月10日、ダイハツ・ブーンをマイナーチェンジしました。ブーンは、2004年に初代が誕生し、2016年4月には3代目となる現行型となっています。

今回のマイナーチェンジでは、ダイハツオリジナルグレードである「ブーン スタイル」を新設定。丸みを持たせた柔らかな線でキュートに仕上げられたフォルムや、ホワイト塗装パーツによるアクセントが特徴のエクステリアが目を惹きます。

内装では、インパネに付加されたマゼンタ色のアクセントカラーや専用の3色シートによりキュートなインテリアに仕立てられています。

グレードも変更されており、ブーン、ブーン シルクに加えて、第3のデザインであるブーン スタイルを新設定。

ブーン、ブーン シルクの内・外装が刷新され、従来どおりの親しみやすいデザイン はそのままに、ブーンはさらに質感を向上。上級仕様のブーン シルクは、より洗練された雰囲気のデザインが与えられています。

安全装備は、トヨタ・パッソと同様に、車両だけでなく、歩行者にも緊急ブレーキが作動する衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を「SAIII」に標準装備。さらに、前後コーナーセンサーも「SAIII」グレードに採用されています。

また4つのカメラにより、車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を「パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック」として「X」を除く全車にメーカーオプション設定。なお、同パックの装着には、別途ディーラーオプションのパノラマモニター対応ナビゲーションの装着が必要になります。

内・外装のクオリティアップ、安全装備の強化が図られたダイハツ・ブーン。価格帯は1,177,200円〜1,891,080円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】トヨタ・パッソがマイナーチェンジ。内外装の質感向上と安全装備を強化
https://clicccar.com/2018/10/11/638570/

『ダイハツ』の最新記事

【新車】ダイハツ・ハイゼット カーゴのMT車にも「スマートアシストⅢ」を標準装備。ほぼ全ての商用車に「スマアシ」を搭載完了
ダイハツから後付けのペダル踏み間違い加速抑制「つくつく防止 」が発売開始。2代目タント用は取付工賃込み約6万円
【新車】ダイハツ・タント/タントカスタムに装備を充実させたお買い得な特別仕様車「VS」シリーズを設定
8〜9割まで装着率が高まっているダイハツ・スマートアシスト装着車が累計販売台数200万台を突破
【新車】ダイハツ・トールが一部改良。「スマートアシストⅢ」など安全装備を強化し、特別仕様車「リミテッド」を設定

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事