新型プジョー・208のプロトタイプに「牙」のようなLEDを発見。EVも設定か?

プジョーのBセグメント・ハッチバック、「208」次期型の市販型プロトタイプを、南ヨーロッパで初めてカメラが捉えました。

捉えた開発車両のヘッドライトには、まるで牙のようなLEDデイタイムランニングライトを備え、新型「508」を彷彿させるワイドなエアインテークが見てとれます。

サイドビューでは、スタイリッシュなショルダーライン、リアビューでは、大型のルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプ、「508」から継承される3本ラインのテールライトも確認でき、アグレッシブかつスポーティーなエクステリアへと進化が見られます。また次期型ではトレッドが拡大され、約220ポンド(100kg)の軽量化を図りつつ、居住空間が向上するようです。

パワートレインの詳細は不明ですが、最大の注目はフルEVモデルの設定です。「DS3 クロスバック」と共有する、EV用プラットフォーム「e-CMP」を採用し、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載、航続距離は450kmと予想されます。

ワールドプレミアの場は、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?
今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ
価格は「リーズナブル」な4億円!? ブガッティに新たなワンオフモデル計画が浮上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事