フォルクスワーゲン・ポロが一部改良。デジタルメーターをオプションとして新設定

フォルクスワーゲンのエントリーモデルであり、日本国内でも2018年3月の導入から半年足らずで6500台も受注を集めたというコンパクトカー「ポロ」に魅力的なオプションが新設定されました。

新たに設定されたオプションは「テクノロジーパッケージ(70,200円)」です。このオプションは「Comfortline」と「Highline」で選択でき、デジタルメータークラスター「Active Info Display」とスマートフォン ワイヤレスチャージングがセットになったものです。

さらにボディカラーでは、リーフブルーメタリックとエナジェティックオレンジメタリックが32,400円の有償オプションとなりましたが、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディ同色になり、アクティブなムードが強まります。さらに上級グレードのHighlineでは、シートファブリックにボディ同色のラインが施されるというのも変更点です。

フォルクスワーゲン・ポロのメーカー希望小売価格は「Trendline」が2,098,000円、「Comfortline」が2,299,000円、「Highline」は2,650,000円となっています。

(山本晋也)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明
67年前に日本に初上陸したVW Type-1 ビートルと記念撮影できる! カメラ見本市CP+で展示中
【フォルクスワーゲン・ポロTSI R-Line試乗】エコでパワフルなエンジンを積んだ本命グレード「TSI R-Line」の実力は?
フォルクスワーゲン グループ ジャパンがワーゲンバスを貸し出す「バスカスフェス」プログラムを開始

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事