フォルクスワーゲン・ポロが一部改良。デジタルメーターをオプションとして新設定

フォルクスワーゲンのエントリーモデルであり、日本国内でも2018年3月の導入から半年足らずで6500台も受注を集めたというコンパクトカー「ポロ」に魅力的なオプションが新設定されました。

新たに設定されたオプションは「テクノロジーパッケージ(70,200円)」です。このオプションは「Comfortline」と「Highline」で選択でき、デジタルメータークラスター「Active Info Display」とスマートフォン ワイヤレスチャージングがセットになったものです。

さらにボディカラーでは、リーフブルーメタリックとエナジェティックオレンジメタリックが32,400円の有償オプションとなりましたが、ダッシュパッドとセンターコンソールがボディ同色になり、アクティブなムードが強まります。さらに上級グレードのHighlineでは、シートファブリックにボディ同色のラインが施されるというのも変更点です。

フォルクスワーゲン・ポロのメーカー希望小売価格は「Trendline」が2,098,000円、「Comfortline」が2,299,000円、「Highline」は2,650,000円となっています。

(山本晋也)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

2018年のフォルクスワーゲングループの販売台数は、0.9%増の過去最高1,083万台を記録
【新車】フォルクスワーゲン・ティグアンが一部改良。ベース車の安全装備を充実化
フォルクスワーゲンがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
【VWティグアンTDI 4モーション 試乗】SUVとディーゼルエンジン仕様のメリットとは?
【VWゴルフGTIダイナミック試乗】人気オプション装備を「全部のせ」した限定車で現行GTIの熟成ぶりを味わう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事