【ルノー メガーヌR.S.試乗】ホットハッチでありながら「GT」的性格を示す走行モードと安全装備

ルノー・メガーヌR.S.はスポーツ走行が楽しめるホットハッチであるのと同時に、乗り心地の良さ、秀逸なシートの出来から考えると、ロングドライブで真価を発揮するGT(グランドツーリング)的なモデルともいえます。

279ps/390Nmというアウトプットを誇る1.8L直噴ターボは、公道であればパワー不足とは無縁。さらに「マルチセンス」と呼ばれる走行モードは5つ用意されています。「コンフォート」は、エンジン出力やアクセルレスポンス、トランスミッションの変速などを燃費優先したモード。

「ニュートラル」は、走りや快適性、エンジンサウンドのベストバランスを目指したモード。「スポーツ」はアクセルレスポンスを優先させ、パワフルなエンジン音、重めのステアフィールが特徴です。

注目は「レース」モードで、横滑り防止装置のESCが解除され、4コントロールの設定も俊敏性を重視、エンジンサウンドもかなり高まります。「パーソナル」は、安全支援システムも含めて上記の各機能を項目ごとに設定可能。

パワフルなエンジン、走行モードに対応するブレーキも強化されています。ブレンボ製の4ピストンモノブロックキャリパーが採用され、フロントブレーキディスクの径は先代メガーヌR.S.よりも+15mmとなる355mmに拡大されています。タイヤは専用開発されたという245/35R19サイズのブリヂストン・ポテンザS001を装備。

予防安全装備では、ステレオカメラと12個のセンサー、フロントのミリ波レーダーが担っています。車間距離警報(約30km/hから約200km/hで作動)、自動的に最大2秒間緊急ブレーキを作動させるエマージェンシーブレーキサポート(約30km/hから約140km/hで作動)、車線逸脱警報(約70km/h以上で作動)、後側方車両検知警報(約30km/hから約140km/hで作動)、自動でステアリング操作を行い、縦列駐車やバックの車庫入れをサポートするイージーパーキングアシストを標準装備しています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

【ルノー メガーヌR.S.試乗】現在のFFスポーツで、誰もが楽しめる「最もFUN」な存在
https://clicccar.com/2018/10/01/634408/

【ルノー メガーヌR.S.試乗】FFとは思えないほど曲がる「4コントロール」と、高い接地性と乗り心地を実現する「4輪HCC」とは?
https://clicccar.com/2018/10/01/634672/

『ルノー』の最新記事

【東京オートサロン2019】ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?
【新車】カタログモデルにはない1.2L直噴ターボエンジンを搭載した「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が登場
ルノー・ジャポンとショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」がコラボした特別なカングー
ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦
【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事