【ルノー メガーヌR.S.試乗】FFとは思えないほど曲がる「4コントロール」と、高い接地性と乗り心地を実現する「4輪HCC」とは?

メガーヌR.S.(ルノー スポール)のコーナリングを特徴づけている「4コントロール」は、ベース車(メガーヌGT)のメガーヌにも搭載されています。

メガーヌGTの「4コントロール」は、約60km/h以上で走行中(スポーツモードでは約80km/h以上)は、後輪は最大1°まで前輪と同一方向に向き(同位相)、コーナリング時のコントロール性を高めます。

逆に、約60km/h未満(スポーツモードでは約80km/h未満)では、最大2.7°までリヤタイヤをフロントタイヤとは逆方向に向ける(逆位相)ことで、コーナリングをサポートするだけでなく、駐車時やUターンなどの取り回しをしやすくするもの。なお、当然ながら停車時、そして後退時には作動しません。

メガーヌR.S.も電子制御のアクチュエーターでタイロッドを動かすことで、リヤタイヤを操舵。その切れ角はメガーヌGTと同様に逆位相が最大2.7°、同位相が1°。低速と高速が切り替わるのは約60km/h。

『ルノー』の最新記事

【東京オートサロン2019】ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?
【新車】カタログモデルにはない1.2L直噴ターボエンジンを搭載した「ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラー アニヴェルセル」が登場
ルノー・ジャポンとショコラ工房「ル・ショコラ・アラン・デュカス」がコラボした特別なカングー
ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリー選手権の最終戦「新城ラリー2018」に初参戦
【新車】フランス流のライフスタイルをイメージした「ルノー カンクグー プラティーク」は専用ボディカラーをまとう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事