スバル伝説のエンジニアを招いての無料フォーラムが10月14日開催!【クルマ塾2018】

名だたる人気車を開発したレジェンド級のエンジニアの肉声を直接聞くことができるという、稀有な機会を提供してくれるのが『クルマ塾』という無料フォーラムです。

これまでマツダ、日産と順を追ってカリスマエンジニアを招き開催されてきたクルマ塾。マスコミにも多く登場している元エンジニアのお歴々を招いていますが、非営利団体であるクルマ塾に参加される皆さんはなぜか、オフレコトークに力が入ります。

これまでどの媒体でも語られることのなかった逸話については過去記事をお読みいただければその貴重さがわかると思います。

第3回を迎えることとなった今回は、スバルのエンジニア2名様の登壇が予定されています。。

まずお一方は、工藤一郎さん。初代レガシィではエンジン開発を主に担当し、スバル初のDOHCエンジン、SOHC16バルブを誕生させた御方です。その後、フォレスターにも携わっておられました。

そして続いては、大林眞悟さん。2代目レガシィの実験担当等を経たのち、引退後もさまざまなミーティングに顔を出し、スバルファンにとってはおなじみの大林さん。当日はどんな裏話が飛び出すのでしょうか。レガシィのルーツを辿りながら、また新説が聞けること請け合いです。

モデレーターは、スバルとも縁の深いモータージャーナリスト、われら「しーやん」こと清水和夫さん。モデレーターとしても一級なので、ここでしか聞けないエピソードトークを引き出しでくれることでしょう。紅一点の竹岡圭さんも華を添えてくださいます。

開催は週末に当たるので日程の調整もしやすい日程となっています。そのため、会場のキャパシティによっては混雑が予想されます。下記に事前登録先のリンクを記してありますので、ぜひみなさんスケジュールの調整のうえ、お越しください。

(Kaizee)

【開催概要】
■とき:10月14日(日)13時〜17時(12時半開場)
■ところ:(株)SUBARU 本社ショールーム(〒150-8554 東京都渋谷区恵比寿1-20-8)

■MC:竹岡 圭(AJAJ所属 自動車ジャーナリスト)
■トークショー・コメンテーター:清水和夫(AJAJ所属 自動車ジャーナリスト)

■エントリー方法
事前登録制

なお、当日のお越しは公共交通機関のご使用を推奨します。

【関連リンク】
クルマ塾事前登録サイト
https://rev-m.com/kurumajuku/

SUBARU 本社ショールーム(〒150-8554 東京都渋谷区恵比寿1-20-8)
https://www.subaru.jp/showroom/access/

 

【関連記事】

クルマ塾・マツダ編
https://clicccar.com/2018/04/12/575950/

クルマ塾・日産編
https://clicccar.com/2018/06/07/596487/

 

『SUBARU』の最新記事

「初代レガシィ開発秘話」80年代にIoTを先取り…じつはコンピュータを駆使していた【クルマ塾・SUBARU編】
スバルも2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を辞退へ
【新車】SUBARU XVに「e-BOXER」搭載する「Advance」を追加設定。一部改良も実施
【新車】SUBARUインプレッサが一部改良。アイサイトのACCの作動状況を問わずブレーキを保持する「オートビークルホールド」を追加
スバルファンなら是非聞きたい! レジェンド エンジニアによるココだけの話【クルマ塾2018】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事