旧車好きにはたまらない!SWM SILVER VASE400はいい意味でクセ強めの遊べるスクランブラーだった。vol.1

バイクの大きなイベントなどに行く方や情報通なライダーなら一度は名前を聞いたことがあるだろうSWM。

外車でスクランブラー、しかも400cc!? 以前から気になっていたMotoBeはお借りして乗ってみることにしました。今回はスタイリング編です!

SWMは1970年代にイタリアで活躍していたメーカー。当時はオフロードがメインのメーカーで、今回のシルバーベースは当時の雰囲気をモチーフに再現されています。

正直な話、パッと見現行車に見えませんでした。国産のような「最新感」がどこにもない!

エンジンは400ccの空冷4バルブ単気筒エンジン。サイドカバーやシリンダーの造形、オイルクーラーとか結構カッコイイ!

しかもこの見た目でインジェクション

この旧車全開な雰囲気なのに中身はしっかり新しいのでなんか不思議な感覚…。

普通の400ccってロングセラーモデルでもない限り、大型モデルに質感で負けてしまいますが、SWMはその点勝ってます。装備、スタイリングもそこらの400以上に豪華なんです。

フォークはFAST ACE製。アジャスター付きです。カスタムバイクっぽい感じもあってかなり質感高め!

メーターはシンプルですが、うまくまとまっています。km/hの外にあるマイル表示が外車っぽい! レバー類などは純正でdomino製でした。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事