新型「トヨタ・スープラ」にはモータースポーツ用ライトウェイトモデルも設定。公道仕様も開発中!?

トヨタ「スープラ」新型に、100kgの軽量化がされたレース仕様が開発されている可能性が高いことが新たに分かりました。

これは、GAZOOレーシング・チーフエンジニアであり、新型スープラの開発責任者、多田哲哉氏がTop Gear誌のインタビューに答えたもので、開発中なのは間違いありません。公道仕様の開発に関しては確定はされていない模様ですが、可能性はあるようです。

視野に入れているレースは、フォード「GT」、ポルシェ「911」、フェラーリ「448」らがひしめく「LM GTE」カテゴリです。

この軽量化モデルのパフォーマンスは、既に公開されている「GRスープラ・レーシングコンセプト」とは別物であり、パワーアップを必要としないほど優れているようです。ベースである市販型バージョンは、ポルシェ「ケイマン」をベンチマークとして開発されていますが、レース仕様では「911」を標的にします。

「スープラ」のパワートレインは、デュアルクラッチ・トランスミッションと組み合わされる2バージョンの2リットル直列4気筒エンジン、トップモデルには3リットル直列6気筒オーバーブースト付きターボエンジンをラインアップ。最高出力は、下から200ps、250ps、そして340psが予想されています。

新たに発覚した軽量の公道バージョンと、噂される「GRMN」モデルとの関連性は不明ですが、ハイエンドモデルには、最高出力400ps以上を発揮する3リットル直列6気筒エンジンが搭載されると予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

価格は2億円超!? ブガッティ初のSUV、いよいよ開発スタートか?
やっぱりすごい加速力!ルーフを開けた新型ポルシェ・911ターボ「カブリオレ」
メルセデス・ベンツの「EQ」シリーズ第3弾!7人乗りSUV「EQB」を初キャッチ
ついにエンブレムが露出&ルーフが全開。ポルシェ・ボクスター最強モデルの公開はいつ?
ホンダ・フィット次期型をスクープ!「i-MMD」HV搭載で2019m年デビューへ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事