新型・フェアレディZが開発中! コンセプトモデルが2019年東京モーターショーに登場の噂

日産のグローバルデザイン担当シニアバイスプレジデント、アルフォンソ・アルバイサ氏は、同ブランドを代表するスポーツカー、「フェアレディZ」新型の開発をしていると一部メディアに語りました。

オーストラリア人であるアルバイサ氏は、これまで「インフィニティ・プロトタイプ9」や「インフィニティQインスピレーション コンセプト」などの開発に関わっています。今回は、「フェアレディZ」新型の開発に関わっていると断言しています。

予想されるパワートレインには、メルセデスベンツ製2リットル直列4気筒ターボエンジンやインフィニティ「Q60」(スカイライン)に搭載されている3リットルV型6気筒ツインターボエンジン、さらにはハイブリッドなどですが、情報が確定するまでは、もう少し時間がかかりそうです。

「フェアレディZ」の現行モデル「Z34型」は2008年に発売されており、既に10年が経過。2019年は生誕50周年にあたり、これに合わせて東京モーターショーで何らかのサプライズを示唆しており、コンセプトモデルの公開などが予想されます。

掲載しているCGは、以前制作した「フェアレディZ」新型の予想CGです。歴代「Z」のロングノーズ・ボディシルエットを継承しつつ、エレガントさを取り入れています。トヨタ「スープラ」は、BMWと共同開発され話題となりましたが、フェアレディZはダイムラーの協力を得て開発され、メルセデスベンツと多くのコンポーネントを共有する可能性もあります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

価格は2億円超!? ブガッティ初のSUV、いよいよ開発スタートか?
やっぱりすごい加速力!ルーフを開けた新型ポルシェ・911ターボ「カブリオレ」
メルセデス・ベンツの「EQ」シリーズ第3弾!7人乗りSUV「EQB」を初キャッチ
ついにエンブレムが露出&ルーフが全開。ポルシェ・ボクスター最強モデルの公開はいつ?
ホンダ・フィット次期型をスクープ!「i-MMD」HV搭載で2019m年デビューへ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事