新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見

新型ポルシェ・911(992型)プロトタイプ2車種が新たにニュルで高速テストを開始しました。今度は「ラバオレンジ」カラーです。

捉えた開発車両での注目は、最高級ブレーキキャリパー「PCCB」(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)を装着している点です。

ポルシェはキャリパーの色により、ブレーキを見分けることができます。ベースモデルはブラック、「S」の強化型はシルバーまたはレッド、前回捉えた開発車両のホワイトは新開発の「PSCB」(ポルシェ・サーフィス・コーテッド・ブレーキ)、そして今回捉えたイエローは、最高級「PCCB」(ポルシェ・セラミック・カーボン・ブレーキです。

ハイスペックモデルの定番オプションである「PCCB」ですが、「911 GT3 RS」の場合、なんと166万円という高額です。カーボンセラミックローターは熱に強い特性を持ち、軽量のため大型にすることができて、耐熱性を高められます。

もう1台の試作車・ブルーも「PCCB」を装着しており、以前捉えたレッドキャリパー装着モデルとは異なる開発車両です。正式発表前にこれほど多数のモデルを見られるのも珍しく、いよいよワールドプレミアの準備が整ったようです。

予想されるパワートレインは3リットル水平対向6気筒ターボエンジンで、最高出力は390psを発揮すると見られています。またニュルを走る高性能「S」は、最高出力450psへと向上する可能性が高いです。さらに4リットル水平対向6気筒ターボが予想される「GT3」は510ps、「ターボ」は最高出力600psとも噂されています。

世界初公開は10月のパリモーターショーが有力です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビューは9月が濃厚。新型 GLEクーペ、専用パーツが露出
電動化は見送り?新型「 ポルシェ・911 GT3」は威圧的な巨大ウィングを装備
新型トヨタ・ヴィッツをキャッチ! マツダ製でなく独自開発か?
GM元副会長が衝撃発言!「コルベットの次期型はSUV化したほうがいい」
後継モデルはどうなる!? シトロエン C4カクタスが一代限りで生産終了の噂
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事