アウディ史上最強SUV「RS Q8」、670psの電動モデルも設定へ!

アウディの次世代フラッグシップ・クロスオーバーSUV「Q8」のハイエンドモデルとなる、「RS Q8」市販型プロトタイプをカメラがニュルで捉えました。

ほぼフルヌードの試作車は、フロントマスクに六角形パターンを持つブラックグリル、大型化されたコーナーエアインレットの形状、リップスポイラーが見て取れるほか、6ピストンキャリパーブレーキや大径ツインエキゾーストパイプ、リアディフューザーを備えています。

ニュルで爆走するその心臓部は、ランボルギーニ「ウルス」と共有する4リットルV型8気筒ツインターボと思われます。最高出力はウルスの650psを下回る600ps程度と予想されていましたが、最新レポートでは、同等の馬力とされており、圧巻の加速性能を見せていたようです。

また電動化の噂も入ってきました。ポルシェ「パナメーラS Eハイブリッド」から流用されるその最高出力は「ウルス」をも超える670ps、最大トルク850Nmというモンスターエンジンです。搭載されれば、アウディ史上最も強力なエンジンと言えます。また4WD「クワトロ」と「Sトロニック」は標準装備されるようです。

ワールドプレミの場は、2019年前半のモーターショーが予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型ポルシェ・911、オレンジのプロトタイプも走った!「PCCB」装着モデルを発見
これぞ究極のMINI。300psを発揮する「JCW GPコンパクト」、600万円で市販か!?
X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用
メルセデス・ベンツ CLA次期型、ニュルでスポーティーな走りを公開!
次期型は1000馬力+ミッドシップ! シボレー コルベットの次期型プロトをキャッチ