準中型免許って何?どうやって取得する?料金は?【意外と知らない運転免許証】

2017年3月12日、区分改正により誕生したのが、「準中型免許」です。免許取得後、数年以上が経過している方たち(私含む!)には特に、馴染みの薄い名称なのではないでしょうか。

ってことで、この「準中型免許とはなんぞや?」をざっくりと調べてみましょう。

■「準中型免許」はその名の通り「普通免許」と「中型免許」の中間

2017年3月12日以前までの普通免許では、車両総重量5t未満/最大積載量3t未満/乗車定員10人以下のクルマ(トラック/自家用バス[白ナンバー]等)まで運転することができました。そして、それより大きいトラック等が運転できる中型免許(車両総重量5t~11t未満/最大積載量3t~6.5t未満/乗車定員29人以下)を取得するには、普通免許で2年以上の経験後(=20歳以上)でないと取得することができませんでした。

そこで登場したのが、「準中型免許」です。

「準中型免許」では車両総重量3.5~7.5t未満/最大積載量4.5t未満/乗車定員10人以下の運転が可能となり、しかも普通免許の経験が無くても取得がOKなので、初めての4輪免許として18歳からの取得が可能なのです。準中型免許を取得すれば、もれなく普通自動車と小型特殊、そして原付免許も付いてきます!

「準中型免許」のメリットとしては、初めての免許証であっても、よく言う「2tトラック」が運転できることにより、運送会社等での就職・バイト等が18歳からでも可能となるのです。

■2017年の改正以前、2007年6月1日にも区分改正がありました

ン?年前(だいぶ前に)、普通免許を取得した私の免許証には現在「中型車は中型車(8t)に限る」って記載があります。

2017年に改正があったと説明しましたが、それ以前、2007年6月1日にも区分改正が行われました。2007年の改正前までは、普通免許のみでよく言う「4tトラック」まで運転することができたのです(車両総重量=8t未満/最大積載量=5t未満/乗車定員=10人以下)。

そう、2007年以前には中型免許という区分がなかったのですねぇ。なので、私でも免許証上では4tトラックも乗れる、ということなのですね。大きすぎて乗れませんけど・・・多分。

で、2007年に「中型免許」の区分ができ、2017年に「準中型免許」の区分ができたことで、各改正前に普通免許を取得した方の乗れるサイズの但し書きが、なにやら複雑になってきちゃったのですよ。ハァ~分かりにくい!

『運転免許』の最新記事
運転免許証とマイナンバーカード
警察行政「2+1」 免許証とマイナンバーカードの一体化など…近日3大臣で打ち合わせ
運転免許証
令和になって増加の危険性あり!? 運転免許証を「うっかり失効」してしまったらどうすればいい?
85歳以上の運転免許人口は10年間で約3倍に! やっぱり高齢化はクルマ社会にも到来していた!!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事