【新車】待望の「STI Sport」がSUBARU WRX S4に最上級グレードとして追加。価格は4,093,200円

2ペダルのCVT(リニアトロニック)として間口を広げながらも、「WRX」を名乗るにふさわしいWRX S4に、待望の「STI Sport」が加わりました。2018年9月3日に発表、9月21日に発売される「WRX S4 STI Sport」は、WRX S4の最上級グレードに位置づけられます。

STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL)との共同開発により、「STI Sport」らしく、しなやかな乗り心地と俊敏なハンドリング、高い操縦安定性を兼ね備えた走りの性能を実現したとしています。

さらに、「STI Sport」ならではの内・外装デザインが採用されているほかSTIがチューニングを施したビルシュタイン製フロントストラット「DampMaticⅡ」、前後ダンパー、コイルスプリングを採用した足まわりも特徴。

加えて、ステアリングギヤボックスの取り付け剛性を高めるためのクランプスティフナーを装備することで、段差や荒れた路面を走行する際のショックや車体の上下動を抑えたしなやかな乗り心地と、ドライバーの思い通りにクルマが反応してついてきてくれる俊敏なハンドリング、高い操縦安定性を両立。

外装は「WRX S4 STI Sport」用のフロントグリルや、ブラック塗装で統一されたサイドガーニッシュ、トランクリップスポイラー、シャークフィンアンテナ、ドアミラーカバーに加え、ダークグレー・メタリック塗装の18インチアルミホイールを装着。

さらに、フロントグリルとサイドガーニッシュ、リヤにSTIエンブレムが配され、最上級モデルにふさわしい雰囲気が漂っています。

一方の内装は、ボルドーの本革とウルトラスエードを組み合わせたRECARO製フロントシートや、STIロゴ入りのマルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター、ステンレス製サイドシルプレート、レッドステッチ入りの本革巻きステアリングホイールが採用され、「STI Sport」の魅力が演出されています。

ボディカラーは「アイスシルバー・メタリック」、「クリスタルホワイト・パール」(32,400円高)、「ダークグレー・メタリック」、「クリスタルブラック・シリカ」、「ピュアレッド」、「WRブルー・パール」の6色。「SUBARU WRX S4 STI Sport」の価格は4,093,200円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。