販売好調のスズキ・ジムニーに織り込まれた「ユーザー思い」な工夫とは?

20年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けて7月5日に発売された4代目「スズキ ジムニー」。

スズキによると新型「ジムニー」の同月の国内販売台数は5,000台を超えており、年間販売目標台数である1.5万台に対し、発売早々に1/3を売り上げるなど、販売好調のようです。

本稿では、そんな同車に織り込まれている「ユーザー思いな工夫」等について少し触れてみたいと思います。

まずエクステリアですが、無駄無く機能的に纏められている印象で、室内スペースや車内からの視認性向上に寄与する立てられたフロント・ウインド・シールド・ガラスやサイドウィンドウがボクシーな印象を強調しており、デザイン的にも「潔さ」を感じさせます。

また、オフロード走行時のボディダメージによる割れ防止など、夜間の前方視界確保に配慮したと思われる車両最外側からやや内側に寄せられたヘッドランプ配置や、飛び石による塗装剥がれ/傷付きに配慮した素地仕様の前後バンパー、シエラ用の素地オーバーフェンダーなどが目を引きます。

続いてインテリアに目を移すと、常時発光式メーターが採用されており、昼夜を問わず、様々な環境における計器類の視認性に配慮されていることがわかります。

オフロード走破性の向上に加え、こうした日常の使用性への配慮にも更に磨きがかけられており、新型「ジムニー」人気は今後も当分続くことになりそうです。

Avanti Yasunori・画像:SUZUKI)

【関連記事】

スズキ・ジムニーが早くもベスト10にランクイン! 7月度の国内新車販売台数が発表
https://clicccar.com/2018/08/08/616713/

旺盛な需要に生産が追い付かない!? 新型スズキ「ジムニー」はココが魅力
https://clicccar.com/2018/08/06/615966/

【新車】新型スズキ「ジムニー」は快適装備充実の新世代オフロードマシン!
https://clicccar.com/2018/07/04/605995/

20年ぶりに新型スズキ「ジムニー」登場!よりスクエアになって7月5日発売
https://clicccar.com/2018/06/30/604358/

スズキ、世界販売で初の300万台突破!2018年3月期の純利益が35%増に
https://clicccar.com/2018/05/13/588967/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事